スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『アジョシ』を観た

51PIYVQRJKL.jpg
あらすじ:過去の出来事が原因で心に闇を抱え、街の片隅で質屋を営んで生きる男テシク(ウォンビン)。隣に住む孤独な少女ソミ(キム・セロン)は、テシクをただ一人の友達として慕っていたが、ある日、ソミが麻薬中毒の母親共々犯罪に巻き込まれ、組織に誘拐されてしまう。ソミを救い出すため、立ち上がったテシクは……。




タコ的点数:70点




文句なし、真っ向勝負の勧善懲悪アクションエンターテイメント。これだけ単純なのに、これだけ楽しめる娯楽映画は同じアジアでも日本じゃ無理でしょうねぇ。動ける筋肉持ってる俳優さんがいないんだもの。

9617869ed5ad7cabfcfa12309b65a0493.jpg

主演のウォンビンさん。韓流をよく知らないんですけど、この人韓流四天王とか言われてる人なんですか?確かに男のタコから観ても「ウォンビンかっこええ!!」って思っちゃいました。ほとんどこの人のオンステージ映画なんですけど十分見ごたえありましたね。
そして、子役のキム・セロン。この子がまたいい芝居するんですよね。笑顔が可愛くて、この子を笑顔にするためにがんばれウォンビン!!って叫んじゃうほど(笑)
・・・やっぱ子供が出てくる映画って僕弱いみたいです。子供はずるいよなぁ~子供は。

20110919220626e93.jpg

そして、何より個人的に一番気になったのが上画像の殺し屋のおじさん(アジョシ)。この人とウォンビンのラストバトルがなかなか見もので楽しめました。きっと、この殺し屋さんいい人だったんだろうな(詳しくは映画を観てください)。

ba6786c2d529134bd1ac36433d3120413.jpg

まぁ、世間の韓流ブームに対して冷たい視線を送る人もいるでしょう(かくいうタコもその一人ですが)けど、個人的に韓国映画は好きなものが多いです。ぜひ、先入観いろいろと観てみると面白い作品に出会えますよ。





関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

No.752 『アジョシ』

2010年制作 韓 監督:イ・ジョンボム ≪キャッチコピー≫ 『怒らせるべきではなかった』 ≪ストーリー≫ 過去の出来事が原因で心に闇を抱え、街の片隅で質屋を営んで生きる男テ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。