スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『第9地区』を見た

d9p.jpg
あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人間は、共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年後、共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立てるのだが……。





タコ的点数:80点




普通なら、地球にエイリアンがやってくる映画は最終的に壮大なSFアクションが予想されます。でも、ここでのエイリアンは侵略者ではなく難民。そして、隔離された地域でスラムを形成するのです。このエイリアンたちの姿は今なお消えない移民問題を連想させます。

22222.jpg

醜い造形のエイリアンは被差別者、そしてそのエイリアンたちとの共同生活に困惑し差別する人類。SFという媒体を用いてその関係を見事にドラマとして描かれます。斬新な設定の中に含まれる余りにもストレートなメッセージ。最初は造形が生理的に受け付けられなかったエイリアンたちにいつの間にか感情移入してしまいます。これは見ごたえがありました。

003.jpg

そして、SF映画で忘れてはいけない、B級クオリティの映像。エイリアンの持つ強力な武器、戦闘狂の軍人、感染して見る見るうちに姿が変わっていく主人公の姿、惨殺死体etc...。娯楽作品としても楽しませることを忘れない、数々のB急臭さ。これもまた映画好きにとってはたまらない要素だと思います(笑)

4e405461-s.jpg

社会問題を彷彿とさせながら娯楽精神も忘れない。他に類を見ない新しい映画の融合形ではないかと思います。




関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

No.623 『第9地区』

2009年制作 米/ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ, サイモン・ハンセン ≪キャッチコピー≫ 『人類、立入禁止。』 ≪ストーリー≫ ある日、ほかの惑星から正体不明

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。