スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『猿の惑星:創世記』を見てきた(多少ネタバレ)

「猿の惑星」第1作目は今でも衝撃のラストシーンが伝説となっています。かくいう僕も「猿の惑星」シリーズの大ファンなのです。そして、「猿の惑星」最新作が発表されたわけですが、今回はティム版のようなリメイクではなく「地球が猿に支配された謎を紐解く」と銘打っていました。
ん?ということは「新・猿の惑星」「猿の惑星・征服」のリメイクになるのか?と詳細を調べてみたら・・・
ストーリーが全然ちがうじゃん!?

ジェネシス1
<猿の惑星:創世記>

タコ的点数:10点

この作品を知ってから、ずっと疑問に思ってたことがありまして。『猿の惑星:創世記』(以下、ジェネシス)をオリジナルの『猿の惑星』の正当な前日譚としてしまうのだろうか?オリジナルシリーズの流れは完全になかったことにしてしまうのだろうか?
それに関して、監督のルパート・ワイアット氏は「他の映画との関連はなく、オリジナル・ストーリーである」と語っています。
それを聞いて安心しました。
僕は、ジェネシスを猿の惑星の正当なシリーズとは認めたくありません。
ティム・バートン監督版「猿の惑星」は、監督が「これはリメイクではなくリ・イマジネーション(再創造)である」と語っているので、あのシリーズとは全く別物として見れたんです。
でも、これはオリジナルシリーズ第1作目を起点にしてるわけなんで、シリーズファンとしてはやっぱり比較しちゃいますよね。




ここから先は軽くネタバレすることになります。あと、批判もしてます。
ニュートラルな気持ちで劇場へ足を運びたい方はここで引き返してください。











「猿の惑星」には"人類の傲慢さ"っていう大きなテーマがあって、新、征服における人類が猿に支配されていく流れも人類の愚かさが原因としてあるわけです。特に僕が一番好きな「新・猿の惑星」では、人間たちは未来から来た言葉をしゃべる猿を最初はアイドルみたいに扱ってたのに、地球の未来の危機を知ったとたんに態度を180度変えてしまうんです。これがホントに気分が悪くなる。大げさなぐらい人間を醜悪に描いていて、だからこそ強烈なメッセージとして記憶に残る作品になったのではないかと思うのです。
そして、そのテーマから逸れないようにこのジェネシスでも人間が悪いように描かれているのですが・・・
はっきり言って悪いのはこいつだけ。
ジェネシス ドラコ
<猿の惑星:創世記>
映画全体を通しても猿を面白おかしくいじめるのはこいつだけ。つまりこいつが、猿たちに人類に対する報復を決意させた悪の根源なわけです。たしかに人類は自分たちの知性を過信してとんでもない薬を開発してしまったわけだけど、それでもこいつ以外の人間の中には猿たちを守ろうと懸命に頑張ってる人たちもいるわけで、そんな人々を無視してこいつ一人のために知能を持った猿が人類に攻撃を開始する。
そりゃないんじゃないの?
オリジナルシリーズの人類の方がよっぽどムカつく。
しかも、ジェネシスにおいてキーとなるアルツハイマーの薬。これが最終的に人類には有害で、猿には無害なうえに知能を発達させる効果があるという、なんともご都合主義な薬に大変身。さらには、これがエンドロールで世界中に感染してしまうという・・・。
・・・あのねぇ、ハリウッドはいつまで映画を"核兵器"と"ウイルス感染"で片付けようとしてるんだ・・・。


また、全部CGだという猿たちにも注目。たしかに、すごいリアルなCGで、うちの親父なんかは後半二本足で歩く猿を特殊メイクした本物の俳優だと思ったぐらいなんですが(笑)、正直同じような映像ばかりで飽きます。
1、猿が木を駆け上っていくのを上から下から撮ったシーン
2、たくさんの猿が町や車を破壊していくのを横から撮ったシーン
この二つが劇中何度も流れて、「もうちょっと芸がないんかい!?」と突っ込みたくなるほど。特に終盤にかけては2のシーンがしつこいぐらい何度も。
ジェネシス
<猿の惑星:創世記>



なんかジェネシスを検索してみると結構評判がいいみたいで、僕としては意外なんですよね。
でも、誰か知らない人のブログに「オリジナルファンと思われるおじさんは『こんなの猿の惑星じゃない』とつぶやきながら映画館を出て行かれました」という記述があったので、やっぱり僕の感じたことも数ある感想のひとつとしては間違いではないのだと思います。「猿の惑星」ファンにとっては受け入れがたい作品であるのは間違いありません。
ジェネシスを見てオリジナルシリーズを見てないって人は、ぜひオリジナルシリーズを見てほしいですね。



参考映画

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る


猿の惑星 [DVD]猿の惑星 [DVD]
(2011/09/21)
チャールトン・ヘストン、モーリス・エバンス 他

商品詳細を見る


新・猿の惑星 [DVD]新・猿の惑星 [DVD]
(2007/03/23)
ロディ・マクドウォール、リカルド・モンタルバン 他

商品詳細を見る


猿の惑星 ― Planet Of The Apes (初回限定盤) [DVD]猿の惑星 ― Planet Of The Apes (初回限定盤) [DVD]
(2001/12/14)
マーク・ウォルバーグ、ティム・ロス 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。