スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『シャッターアイランド』を観た(ネタバレあり)

518XBWgyBiL.jpg
あらすじ:精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。




タコ的点数:70点




ずっと気にはなってた作品だったのですが、今回満を持して鑑賞いたしました。
あれなんですよね・・・「どんでん返し 映画」で検索するとだいたいしばしばヒットすることの多いこの作品。まあ、この手の作品をよく見てる人なら、ある程度まで行くと全部がわからなくても「あぁ、だいたいこういう感じで終わるのかな?」って予想はつくとは思います。

シャッターアイランド-レオナルド・ディカプリオ-8

でもまぁ、作品自体の雰囲気とか空気感はすごく好きなんですよね。物語の舞台が精神病院ということもあり、僕好みの(!?)狂ったキャラクターの方々も多くて・・・なにより、ディカプリオの狂気の演技はかなり良かったですねぇ。『タイタニック』の時はただのさわやかイケメンだったのが、ここまで俳優さんとして大成されるとは思わなかったです。『ジャンゴ』の時もそうでしたけど、ディカプリオさんのこういうちょっとキレた演技は、魅かれるものがありますね。今では好きな俳優さんの一人になってます。

img_0 (1)





↓以下ネタバレ




さて、物語のオチとしては、「ディカプリオ(テディと呼べばいいのかどうかもわからないので、とりあえず俳優名で(笑))も病院の患者であって、自ら妄想に気づかせるために周りの人たちが一芝居うって付き合っていた」ってことだったんですね。実際のところ、病院では人体実験など行われていなくて(とは言っても、ロボトミー手術は行われていたのですけど・・・(笑))、健全(!?)な病院だったわけです。あの怪しかった院長もディカプリオを助けるために真摯に向き合っていたわけですよね。
で、結局、ディカプリオは精神病が治る見込みは無いと判断されロボトミー手術を受けるわけですが・・・あのラストって皆さんどう感じたんでしょうか?
二通りの考え方があると思います。
①額面通り受け取ってディカプリオは最後まで妄想に囚われたまま
②ディカプリオは、今回の治療で正気に戻ったが、そのことでまた妄想に囚われることを恐れ自らロボトミー手術を受ける決意をした。
僕は②だと思ってます。というのもやっぱり気になるのがラストのディカプリオのセリフ・・・。
「ここにいるとよく考える。モンスターのまま生きるか、善人として自ら死を選ぶか」
このセリフやっぱ気になりますよね。ディカプリオはラストの時点では正気に戻っていたのですが、また妄想に囚われるのを恐れて、担当医にも嘘をついて、自ら死を選んだ・・・ってラストだと、僕は上記のセリフから思うんですよね。
さて、みなさんはどう思ったのでしょうか?

追記:ちなみに一緒に観ていた母は「病院で人体実験は実際に行われていて、ディカプリオは騙されて結局人体実験の被験者にされた」と解釈していました。理由は実際にディカプリオが患者であるということと病院で人体実験など行われていないという事実は院長側からの口から説明されていただけだから、だそうです(ということは、洞窟にいた女精神科医も存在している、という解釈になる)。
少し、それは深読みしすぎなのではとも思うのですが、確かにそんな解釈も面白いなぁと、かつ強く否定もできないなと思いました。う~ん、いつか気になってもう一度この作品、観るのでしょうか?


A5B7A5E3A5C3A5BFA1BCA5A2A5A4A5E9A5F3A5C92CPARAMOU.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

二回目のコメントです^^

お久しぶりです!
私の大好きな作品の一つでもあり、またまたコメントいたします(*'-'*)


私の解釈は、ディカプリオは最初から正気だった、ってことです。
いろいろつじつまが合わないところもありますが(笑)

劇中、ディカプリオが患者から話を聞いている場面で、
女性が水を飲むとき、
ディカプリオから見た視点と、女性の視点が違うんです(コップが存在するのかしないのか)
ここが何かヒントなのかなぁと思ってます。

どっちの視点が正しいのか。


この映画、見終わったあともかなり余韻が残るので大好きです(*´∀`)

Re: 二回目のコメントです^^

miniさん、コメントありがとうございます!

>私の解釈は、ディカプリオは最初から正気だった、ってことです。
>いろいろつじつまが合わないところもありますが(笑)
たしかに、そういう解釈もできなくはないですよねぇ~。
考えれば考えるほど、この映画奥深くなっていきますね・・・(笑)

たしかにあの水のシーンは僕も気になっていました。
あそこがかなりキーとなるシーンだとは思うんですけどね・・・。
う~ん、やっぱりもう一度観ないとダメでしょうか・・・(笑)
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。