スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『オールド・ボーイ(ハリウッドリメイク版)』を観た(ネタバレあり)

a9e9c75c.jpg
あらすじ:1993年、広告代理店重役のジョー・ドーセット(ジョシュ・ブローリン)は泥酔して街をさまよっているところを何者かに拉致され、気が付くと見知らぬ一室に監禁されていた。理由もわからぬまま、気が狂うような生活が20年も続いたある日、彼は突然解放される。監禁中に妻殺しの汚名を着せられたジョーは、自分を陥れた者を突き止め、復讐(ふくしゅう)を果たすべく動きだす。




タコ的点数:70点




僕をどっぷりと韓国サスペンスにはめてしまった『オールド・ボーイ』のハリウッドリメイク版です。オリジナルがいわゆる「衝撃の結末!!」的な作品なので「それのリメイクってどうなのかなぁ?」と思っていたのですが、(ネタバレ→)大筋のオチはオリジナルとまったく同じでした(笑)
でもまぁ、ハリウッド版はハリウッド版で良かったところもあったので、これはこれでありなのかなぁと。ちなみに両方観てない方はやっぱり韓国版をオススメします。そっちの方が、お話というより映画全体の雰囲気が良いと思います。

block_20.jpg

以下、ネタバレ↓

まぁ良かった点と悪かった点をそれぞれ挙げていこうかなと思います。

・良かった点
①”催眠術”っていう設定が無かった
韓国版は、やっぱりそこが脚本の中で「んん?」って思っちゃうところだったと思うんですよね。自分の娘と出会うところも自然な流れで良かったのですが・・・でも、そこが逆に悪かったところでもあったような気がして・・・。「他人を助けたくなる女性」を創り上げたところはいいものの、そこで二人が深く接触するようになるのは、悪役的にはかなり賭けになるんじゃないのかなぁ?と思ったんですけど(笑)
②終わり方がステキだった
韓国版は、確か舌を切り落として、何も言えないまま自分の娘とまた出会うわけなんですが、こちらハリウッド版は手紙で別れを言い、娘と距離をとるという選択を主人公は選びました。たしかに、後味悪い映画なんだから最後まで韓国版主人公みたいにファニーな感じで終わっても良かったと思うんですが、こちらの終わり方はそれはそれで粋な終わり方だなと思います。



Oldboy_20141110142512a18.jpg


・悪かった点
①悪役があんまり目立ってなかった
韓国版ではユ・ジテさんの悪っぷりがかなり強烈でカッコ良かったですけど、こちらハリウッド版の悪役は記憶にあまり残らないぐらいのしょぼい感じでした。悪役側のモノローグの場面も無かったので、イマイチそちら側の恨みの強さみたいなものが伝わってこなかったんですよね。韓国版では、ドロドロするぐらいにその恨みの思いが伝わってきたのですが・・・。
②全体的に急ぎ足だった
①でも書きましたが、悪役側の感情を表す場面ってのが少なくて、物語にオリジナルほど入っていけなかった点。また、20年監禁されていた主人公が久しぶりの外の世界に出てきたことで困惑する場面など、細かいところがイマイチ無かったように思うんですよね。オリジナルの大筋だけとってきちゃった、みたいに感じました。


f0165567_618642.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。