スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『グランド・ブダペスト・ホテル』を観た

T0018756q.jpg
あらすじ:1932年、品格が漂うグランド・ブダペスト・ホテルを仕切る名コンシェルジュのグスタヴ・H(レイフ・ファインズ)は、究極のおもてなしを信条に大勢の顧客たちをもてなしていた。しかし、常連客のマダムD(ティルダ・スウィントン)が殺されたことでばく大な遺産争いに巻き込まれてしまう。グスタヴは信頼するベルボーイのゼロ(トニー・レヴォロリ)と一緒にホテルの威信を維持すべく、ヨーロッパ中を駆け巡り……。





タコ的点数:95点




なんだこの贅沢感に包まれた映画は!!
観終わった後に感じた感想がコレでした。いやぁ、ホントに観ている間楽しくて、観終わってしばらく経っても思い出してはニヤニヤしてしまう。きらびやかなホテルの内装に個性的なキャラクター、登場人物たちのお洒落なファッション、加えて、他に類を見ない(ジャンルがなにかもわからない(笑))独創的すぎるストーリー。鑑賞中からその後の余韻まで、ホントに贅沢で幸せな気持ちにさせてくれる映画でした。

99103.jpg

ウェス・アンダーソンという監督さん。実は名前だけ聞いていながら、一つも作品を観たこと無かったんですよね。で、今作は監督の作品の中でも最高傑作だなんて言われているそうです。あぁ~最初からそんな作品を観ちゃって良かったのでしょうか(笑)
他にも見たくなってしまいますね。この一作ですっかりウェス・アンダーソン監督の虜になってしまいました。

108969.jpg

出ている役者さんたちも好きな人ばかりなんですよね。エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジュード・ロウ、エドワード・ノートン、ジェフ・ゴールドプラム(ジェフさんは大好きな俳優さんなんですが、超久しぶりに観た気がします!!)etc・・・。こんなにも濃い俳優さんたちが一気に見れただけでも、僕は大満足でした。
間違いなく、タコの中で本年度最高の娯楽作品になると思いますね。

追記:若いころのゼロ役をやってた人が、どう見てもM・ナイト・シャマラン監督にしか見えなかったです(笑)

GALLERY010938_1.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。