スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『スノーピアサー』を観た

本ポスターJPEG
あらすじ:地球温暖化を防ぐべく世界中で散布された薬品CW-7により、氷河期が引き起こされてしまった2031年の地球。生き残ったわずかな人類は1台の列車に乗り込み、深い雪に覆われた極寒の大地を行くあてもなく移動していた。車両前方で一部の富裕層が環境変化以前と変わらぬ優雅な暮らしを送る一方、後方に押し込められて奴隷のような扱いを受ける人々の怒りは爆発寸前に。そんな中、カーティス(クリス・エヴァンス)という男が立ち上がり、仲間と共に富裕層から列車を奪おうと反乱を起こす。




タコ的点数:65点




絶望的な未来の世界観。かなり僕の好きなSFの雰囲気だったです。
物語は非常にわかりやすいです。地球上が一切凍り付いて生物が住めなくなった地球上で、人類の唯一の居住スペースは世界中を走る列車の中のみ。最後尾には奴隷のような扱いを受ける貧民層。戦闘には富裕層。貧民層の人々は、反乱を起こし先頭車両へと突き進んでいく・・・というお話。
列車自体が、社会全体を表しているのでしょう。突っ込みどころ満載で、逆にそれが非常に好感のもてるなかなか楽しい作品でした。

『スノーピアサー』サブ1

さて、設定自体は非常に幼稚にも思えるのですが、その映像から来る重々しさはなかなか見ごたえがあります。そのギャップがかなり不思議な感覚となって、目の離せないエンターテイメントとして完成されています。
う~ん、人を選ぶ映画ではあると思うのですが、ハマればぐいぐいと引き込まれてしまうのではないでしょうか?
僕はそこそこお気に入りの作品です。

『スノーピアサー』サブ3

そう言えば、これって『グエムル』のポン・ジュノ監督のハリウッドデビュー作品なんですよね。確かに、グエムルのような「ユーモア+シリアス」というスタイルは崩していませんな。今作は今一つ突き抜けていない感じですが(笑)、これからの作品も楽しみにできそうですね。

『スノーピアサー』メイン





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。