スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『エル・トポ』を観た

140670_1.jpg
あらすじ:銃の名手エル・トポ(アレハンドロ・ホドロフスキー)は、一人息子(ブロンティス・ホドロフスキー)を連れて旅をしていた。あるとき、彼は住民たちが山賊によって虐殺された村を通りかかり、エル・トポは修道院を占拠していた山賊の首領との決闘に勝利する。やがて彼は息子を置いたまま、首領の女を連れて再び旅に出る。





タコ的点数:採点不可能




いや・・・ただただ途方に暮れてしまった映画です。
カルトムービーで検索すると、たいてい出て来るこのタイトル。以前から気になってて今回やっと鑑賞いたしましたが・・・いう~ん、完全に取り残されてしまっていました。

38483dc2.jpg

どういうお話か、っていうのも正直言いにくいんですよね。
しょっぱなから素っ裸の男の子を連れたガンマンが「おまえはもう大人だ」とか言ってお母さんの写真とかを埋めさせたり、かと思えば女のために簡単に捨てちゃったり、と思えば次は女に「最強の男になって欲しい」と言われて腕利きのガンマンたちに卑怯な手で勝負を挑んだりなど・・・とにかく訳にわからない展開が目白押し。正直、全くの理解不能でした。

f2cbae3c9438ec8f2e0c16db852debbd2203d8861293628453.jpg

しかし、まぁこういう映画の魅力って「意味わかんなかったけどもう一回観たくなる」ところにあるんですよね。寺山修二さんや氷室恭介さん、はたまたボブ・ディランなどもこの映画を絶賛していて、ジョン・レノンに関してはオノ・ヨーコさんとこの映画を4回も観に行ったんだとか(笑)
一度観れば、いろいろな場面が「今じゃ無理だろな・・・」って思ってしまう結構激ヤバな刺激的な作品。今度は、元気のある時に観たいと思います(笑)

20101008_620968.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。