スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『トゥモローワールド』を観た

n_613pcbt70017rpl.jpg
あらすじ: 西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。そんな中、国家の仕事に就くテオ(クライヴ・オーウェン)が、人類存続に関係する重要な情報を握り始める。人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味を示さないテオだったが……。




タコ的点数:70点




公開当時から21年後、現在から考えても時代設定は13年後。割と近い未来を暗示するSF作品。街の様子はどこか現代の面影を残しつつ、人間の生殖機能が無くなってしまって18年経った未来が舞台となります。

325652view012.jpg

先日劇場に観に行った『ゼロ・グラビティ』の監督・アルフォンソ・キュアロンの過去の作品ということでずっと気にはなっていましたが、なかなか面白かったですね。
舞台が割と近い未来ということで、僕が思うSFの定義「未来の視点から見た現代への警告」というのも個人的にはクリアしていますし(何様!?(笑))、惹きつけられるテーマとそのストーリーの重厚さは映画好きなら満足してもらえるでしょう。
何よりも、圧巻だったのはクライマックスの銃撃戦の中を走り抜ける主人公を追う超長回しのカット。これは思わず、食べているポップコーンの手も止めてしまって見入ること間違いなし。
『ゼロ・グラビティ』の序盤の長回しも然りですが、このキュアロン監督、かなり長回しのテクニックは高いです。思わず目を見張る映像。CGとかじゃなくて純粋なカメラワークの技術ってやっぱり「おぉ~!!」って思っちゃいますよね。

325652view008.jpg


さてさて、結構コアなSEファンならかなり気に入る作品なんじゃないでしょうか?ラストの考えさせられる、程よい余韻も心地よく。
SF好きの僕からすればかなりの傑作。面白いですよ。

325652view016.jpg





関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『トゥモロー・ワールド』

2006年/アメリカ・イギリス/109分 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン    クレア=ホープ・アシティ    ジュリアン・ムーア    マイケル・ケイン 子供が生まれなくなった近未来を舞台に、人類の最後の希望を託された男の闘いと再生を描いた、いよいよ2日後に公開が迫った期待の3DSF映画、『ゼロ・グラビティ』の監督アルフォンソ・キュアロン...

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

スパイクロッドと申します。

こいつはボクも大好きな映画です!
おっしゃるとおり長回しがすごいんですよね!
いったいどうやって撮ったんだ!?って感じで。

ボクもこの映画に対する記事を書いているので、
TB打たせてもらいますね♪

これからもよろしくお願いします!

Re: はじめまして

スパイクロッドさん、初めまして。
コメントありがとうございます!!

この長回しは圧巻でしたよね~。
いつの間にか見入ってる自分にも驚いたぐらいの、
素晴らしい映像でしたよね!!

TB了解です。
また、こちらからもサイトの方にお邪魔させてもらいますね!!

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。