スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『クロニクル』を観た

img_579924_25133159_0.jpg
あらすじ: 超能力を手にした、高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)、マット(アレックス・ラッセル)、スティーヴ(マイケル・B・ジョーダン)は、自分たちの姿をビデオで記録することに。超能力を使い、他人がかんでいるガムを口から取り出したり、女子のスカートをめくったり、空中でアメフトをしたりと、退屈だった毎日を刺激的なものに変える三人。そんなある日、クラクションを鳴らして後方からあおってきた車を、アンドリューが超能力でスリップさせる。それを機に、彼は超能力を乱用するようになり……。




タコ的点数:75点




SFアクション、と思いきや実は青春映画の顔を見せていた今作。10代の頃に感じていたいろんなモヤモヤ。それを巨大な力を持ったなら、何もかも無茶苦茶にしてしまいたい!!と妄想したことは誰にでもあるんじゃないでしょうか?(無いのか?)
今作は、そんな青春時代のモヤモヤを真っ向から映画にしてしまった快作でした。う~ん、期待していなかった分、かなり楽しめました!

346341view011.jpg

物語はいたって単純。ひょんなことから、すごい超能力を手に入れてしまった少年たち。最初こそ、いたずらに使う程度でその能力を使っていたのですが、次第に少年の一人が鬱蒼とした生活を引き金に暴走していき、力を行使して街をめちゃめちゃにしていく・・・という、予定調和ど真ん中のお話です(笑)
ところがどっこい、こんな中学生や高校生が考えるような妄想をここまで真っ向から映画にしてしまった例があったでしょうか?
巨大な力で、自分の怒りを爆発させてめちゃめちゃに全てを破壊してしまいたい・・・そんな欲求は多くの人が一度は持ったものでしょう。しかし、実際にそんな力を持って暴走してしまったために招いた悲劇や友情など、かつて多くの人がもっていた妄想を映像にして、そこに大人になってから気づくメッセージを盛り込んだこの作品。だから僕はこの映画を青春映画だと言いたいのです。あの時の妄想が現実になっていたら、取り戻せないものまで全て破壊して失っていたかもしれない・・・。そんな、当たり前のことを、もう一度思い知らされたのかもしれません。

346341view007.jpg

ひとつ、文句を言わせてもらえば、この映画が無理やりにもモキュメンタリーにこだわってしまったところですかね・・・。最初こそ、カメラ録画が趣味の主人公であることから、自然になっていたのですが・・・後半からのモキュメンタリー映像は明らかに不自然です。
・・・う~ん、どうでもいいところが気になってしまってると言えばそれまでなんですが・・・やっぱり、目玉の演出としてモキュメンタリーの形をとってるんですから、そこだけは違和感なく工夫してほしかった(もしくは、とりてててモキュメンタリーにこだわらなくてほしかった)ですね~。
まぁ、十分面白い作品ではありました。

346341view004.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロニクル

学園ものが思いもよらない大ごとへ! 哀しい破壊衝動・・・ CHRONICLE 監督:ジョシュ・トランク 製作:2012年 アメリカ 上映時間:84分 出演:*デイン・デハーン *アレックス・ラッセル  *マイケル・B・ジョーダン 手にしてはいけない能力。目にしてはいけない映像。 高校では、友達のいないいじめられっ子。 家庭では、重病の母と酒浸りで暴力を...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

超能力設定なのでPOVを自由に撮れるから斬新だとか
街中の監視カメラも使うべきだとか
評論家の間ではそんな意見もありますね
私は寝ちゃって、起きたら黒人が死んでましたw
廻りがべた褒めするほどでもないなーってかんじでしたね。

Re: No title

ポン太さん、いつもコメントありがとうございます!!
返事が遅くなってごめんなさい!!(><)

確かに、超能力でカメラを動かすPOVは斬新でしたねぇ。
でも、手放しで称賛するに値する作品かと言われれば、
う~んと首をひねるのも納得です(笑)
まぁ、何か僕の中に引っかかるものがあった作品だったことは、
間違いないですね~。

タコさん、こんにちは!

お久しぶりです、お元気ですか?

本作は、若者の心理を上手く描いていましたね!
誰でも抱えた事のある破壊衝動を、ハデに映像にしてくれました。
実際に暴走してしまったら取り返しがつかない・・・
そういう大人目線があって、
破壊による爽快感よりも、最後に哀しさ切なさが残りましたね。
これは気に入った1作です。

Re: タコさん、こんにちは!

YANさん、お久しぶりです!!
しばらくブログの方がさぼり気味になってました・・・。
一応、元気です(笑)

特に主人公の男の子は目立たない感じが、
昔の自分にどうしてもダブって見えてしまいまして、
余計に感情移入してしまいましたねぇ・・・(笑)
ある程度の年齢になってそんなときの思いを一気に爆発させてくれたこの映画・・・
すごく切なくなりました。僕もお気に入りの一作です。

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。