スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『イノセント・ガーデン』を観た

i1.jpg
あらすじ:外の世界を遮断するように建てられた、大きな屋敷に暮らしている少女インディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)。自身の誕生日に、愛していた父親が交通事故で帰らぬ人となってしまう。彼女は、母(ニコール・キッドマン)と葬儀に参列すると、そこへ行方がわからなくなっていた叔父のチャーリー(マシュー・グード)が突如として姿を現わす。彼と屋敷で暮らすことになるが、それを発端にしてインディアの周囲で不可解な現象が頻発するようになる。




タコ的点数:75点




『オールド・ボーイ』『渇き』などでおなじみの韓国人映画監督パク・チャヌクの初ハリウッド監督作品です。いやぁ~『渇き』では、なかなかの失速気味を見せてくれたパク・チャヌク監督ですが(笑)、このハリウッドデビュー作で、見事にあの独特の世界観を取り戻してくれましたね。いやぁ、良かったです。

20130602064555.jpg

過去のパク・チャヌク監督作品とは違って、今回の作品はパク・チャヌク監督の脚本ではないんですよね。だから、正直なところ、お話はただのサイコパスのお話なので際立ったストーリー展開みたいなものはないと思います。
見ごたえはやっぱりそのパク・チャヌク監督独特の映像センスですよね。美しい暴力描写に、直接的ではないエロティックな描写(ピアノ連弾のシーンなんか、何気に一番エロく感じちゃいましてね(笑))などなど。彼の独自の映像美学がところどころで垣間見えてきて、平凡なお話もあっという間に美しさに満ちた官能的で重厚な作品になってしまいました。パク・チャヌク監督の映像監督としての腕をまざまざと見せつけられた一作でした。

20130602064554.jpg

ストーリーは平凡、と書いてしまったんですけど、やっぱりこの「サイコパス×思春期の少女」っていう設定が、かなりパク・チャヌク監督っぽいといえばパク・チャヌク監督っぽいんですよね。題材選びもピッタリだったのかな?って思います。
これからの彼のハリウッドでの活躍に期待したいですね。

20111011034120.jpg


参考映画

オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]
(2005/04/02)
チェ・ミンシク、ユ・ジテ 他

商品詳細を見る

『オールド・ボーイ』のレビューはこちら


渇き [DVD]渇き [DVD]
(2012/07/20)
ソン・ガンホ、キム・オクビン 他

商品詳細を見る

『渇き』のレビューはこちら




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。