FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『サイド・エフェクト』を観た(ネタバレあり)

side_effect_poster_2.jpg
あらすじ:金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談。エミリーが抱える症状の詳細を聞き出し、彼女の了承も得て抗鬱剤の新薬アブリクサを投与する。症状が快方に向かっていたある日、マーティンがナイフで刺されるという事件が起き……。




タコ的点数:70点




『エリン・ブロコビッチ』や『トラフィック』、『オーシャンズ11』などで有名なスティーブン・ソダーバーグ監督が「今作を最後に監督業を引退する」と言ったことでも話題になったこのサスペンス作品。引退作品としては少し地味な作品かもしれませんが、安心の映画らしさがあります。
とある評論家が書いていた「ソダーバーグ監督の欠点を一つ挙げるなら、完璧すぎる映画を作ることだ」という文章に非常に納得するところがありますね。確かに、わかりやすい展開が無くさら~っと観てしまうと地味な映画に感じてしまうんですけど、それはあまりにも映画らしい映画を作られるからだと僕は思うんですよね。だから、粗さが無い分、”映画らしい展開”になってしまうんです。でもよく観てみると、普通でないところが見えてくる、見ごたえのある監督の一人です。ソダーバーグ監督のこれからの活動が気になりますね。

346151view007.jpg

さて、今作。簡単にストーリーを言いますと、とある精神科医がうつ病患者の女性に新薬を試したところ、その副作用(サイド・エフェクト)である夢遊病が原因で眠りながら夫を殺してしまうという事件が発生します。さぁどうする!!というもの。
すぐに薬物治療を行う精神科医を皮肉る社会派のサスペンスかと思っていたのですが・・・どのようにこの物語が収束するのか予測不可能な中で意外な展開を迎えましたね。前半のゆったりとした物語展開から一転、中盤からの二転三転する展開はなかなかスリリングでした。ある種、薬の副作用よりも怖い・・・(笑)

にしても、このルーニー・マーラのエキゾチックな魅力は何なんでしょうか(笑)『ドラゴン・タトゥーの女』では役柄が役柄だったこともあったんですが、こんなに魅力的な人だったんですね。・・・なんというか、ネガティブなオーラを持つ美女ですよね。ある意味、うつ病患者という役柄はぴったりだったのかもしれません(笑)あ~、彼女の作品をもっと観たくなりました。

346151view004.jpg







以下、ネタバレ

あくまで個人的な解釈です。

この映画の感想として、焦点を当てる場所があっているのかはわからないんですが、やっぱりラストの精神科医の仕返しが一番ゾクッとしたんですよね。
僕個人の思いとして、うつ病も含め精神病と呼ばれるものってイマイチ実態が無くて、何かわからないんですよね。よく人が口癖みたいに「あ~うつ病だわ」とか言ってるのを聞いて、「自分で『精神を病んでる』って言えば精神病になるんじゃ?」とか「『あなたは精神病です』って言われれば精神病になるんじゃ」とか漠然と考えていました。熱が出るとかわかりやすい記号みたいなものは無く、自他どちらかの意志で誰でも精神病になるんじゃないの?と思っていました。
たしかに、このうつ病のフリをしていた女性は確かにそんなところを利用してうつ病になりすましていたわけですけど、やっぱり、ラストの展開・・・権威ある精神科医の一言で誰でも精神病と判断されてしまう、というこの展開に一番恐怖を覚えましたね。実態が無い病気だからこそ、”精神科医”と言われる人物の一言が大きな力を持っている・・・このことがこの映画を観て一番恐怖したことです。
確かに、とんでもない悪女でしたけど、正常な人が精神病院に強制的に送られちゃうって・・・そうなっちゃうんでしょう・・・。





346151view006.jpg




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。