スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『未来世紀ブラジル』を観た(ネタバレあり)

4160AQP5M5L.jpg
あらすじ:コンピュータによる国民管理が徹底した仮想国ブラジル。その情報管理局で、ある役人が叩き落としたハエによって、コンピュータ情報の一部が壊れてしまう。そしてその影響は、善良な靴職人をテロリストと誤認逮捕させる結果を生み出すが……。




タコ的点数:85点




僕、『12モンキーズ』が全てのSFの中で5本の指に入れてもいいぐらい好きなのです。ストーリーこそ難しく今でも理解しきれていないところがあるのですが、それでもその世界観に衝撃を受けて以来、忘れられない作品のひとつとなっています。
でも、実はテリー・ギリアム監督の作品って『12モンキーズ』以外観たことないんですね。ギリアム監督の他の作品も観よう観ようと思いながらも、後回し後回しにしてました。
そんなときに満を持して見つけたこの『未来世紀ブラジル』。カルト的人気を誇るという話も聞いたことありましたし『12モンキーズ』と同じギリアム監督のSF作品ということで、すぐ手にとってしまいました。
いやぁ、完全にハマってしまいました。時代を感じさせるローテクコンピューターの数々も然り、おふざけが過ぎるSFと言いますか、皺を伸ばすために顔をでかいクリップで止めちゃうおばさんとか、ところどころにあふれるカラフルなダクト、宝塚みたいなお姉さんが歌いながら電報送ってきたり・・・どこまで真面目にやっててどこまでふざけてやってるのかわからない独特の世界観。カルトムービーと言われるのも納得ですね(笑)

5dfd1403.jpg

さて、この映画を語るうえでネタバレ無し、というのは不可能だと考えましたので、詳しい内容は後述するネタバレのところで書きます。
この映画を一言で言うなら「ところどころで笑えて最後にう~んと考えさせられる」そんな映画でしょうか?そこまでのコミカルな展開からは信じられないぐらいラストはブラックな結末を迎えます。ここで戸惑ってしまう人もいれば、その結末からのメッセージに感嘆する人もいるでしょう。または、それまでのふざけた(ように思ってしまう)演出の数々に辟易する人もいるでしょうね。
月並みな表現で言うなら、ハマる人はハマる映画でしょうね。
ストーリーやわからなくても、視覚的に楽しめる部分も多々あり、この奇妙なSFの世界観は一見の価値ありですね。

o0510027510235787112.jpg









以下ネタバレ

あくまで個人的解釈です。
管理社会を痛烈に皮肉った、ファンタジックなSF近未来映画、なんていう風に言われていますが、これは世のいろんな映画作家が語ってきたことを伝える映画なんだなと感じました。
どのような社会になっても、人間の想像力やイマジネーションの世界は絶対に侵されることはない。
ってことだと感じました。
舞台は近未来。そこではすべての情報が管理され、全ての国民の情報は政府に掌握されている社会なわけです。しかも、政府のミスは全て内部で揉み消される、共産主義とも言える、非常に生きにくい世界なわけです。そんな世界で主人公のサムは情報管理局に勤めるエリート役人。彼は、出世にも興味がなく生きがいのようなものも無い。ただ淡々と毎日の仕事をこなして生きるだけ。そんな彼の楽しみは夢の中で出会った美女を救いに戦う空想の世界に浸ること。そして、彼は現実にその夢に見た美女に出会うわけですが・・・。
ラストで、サムは拷問を受けながらも美女と無事に結ばれた世界で幸せを手に入れる空想に浸って死んでしまうわけですが、ここに関しては意見が分かれるところですよね。人によってはかなりダークなエンディングのように思うでしょうが、僕にとってはある意味サムの勝利のように感じました。全てを管理され非常に閉塞的で生きにくい世界から逃れ、サムは幸せな空想の世界に行くことができたのだと思いました。その証拠に、死んでしまったサムの表情には笑みがこぼれていました。
人間にはどれだけ外部から管理されようと、絶対に侵されることのないイマジネーションの世界があるのだ、というメッセージを感じました。なんというか、映画人らしい感性ですよね。そして、僕はこの意見に基本的には大賛成。自分の世界だけは絶対に誰にも壊されることは無いんです。

img_804846_43216192_0.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。