スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ディヴァイド』を観た(ややネタバレあり)

img_973704_30578954_0.jpg
あらすじ:大規模な爆撃によって、ニューヨークが一瞬にして壊滅。サラ(ローレン・ジャーマン)やミッキー(マイケル・ビーン)ら、9人の男女は地下シェルターへと避難したことで爆撃にさらされずに済む。しかし、徐々に備蓄していた食料と水は足りなくなり、外に出ようにもガレキによって扉が閉ざされてしまうという事態に陥る。やがて、それぞれが抑えていたエゴや本性をあらわにし、秩序が乱れていくように。ついに彼らが限界を感じたとき、突如として扉がこじ開けられ、防護服をまとった謎の武装集団がシェルター内になだれ込んでくる・・・。

『ディヴァイド』予告編はこちら




タコ的点数:75点




謎の爆撃により、NYが壊滅。9人の男女が地下シェルターに避難。さて、この密室空間で彼らはどうなる!?という、ある意味手あかの付きまくったシチュエーションの映画なわけですが・・・予想を良い意味で裏切られて、かなり見入ってしまいました。
まだまだ『SAW』以来流行の波が消えそうにない、シチュエーション・スリラーというジャンルですが、アホほど亜流が量産されて設定だけで終わるようなイマイチ映画が多いんです。そんな中、やっぱりたまにこういう傑作が作られるからまだまだ勢いがあるんでしょうねぇ(笑)

ouyfcguy.jpg

さて、設定が地下シェルターに閉じ込められた男女のサバイバル、ということで水と食料が原因でもめたり、徐々に人が狂っていって、しまいには互いに殺し合う・・・なんて展開を想像するでしょうが・・・ハッキリ言いましょう、皆さんが想像してる展開はだいたい起こります(笑)
しかしながら、その見せ方は秀逸。徐々に狂っていく登場人物たちの姿を非常に丁寧に描いていると思いますね。突発的におかしくなるんじゃなくて、ストーリーの場面場面に小さな亀裂や”ひずみ”を盛り込んで、徐々に徐々にそれが膨らんでいき、観ているこちらを不安にさせながら最終的に爆発する。その流れが非常に巧妙で自然。物語の終盤には、当初の場面とは違い過ぎて「あれ?いつの間にこんなことになってるの?」と、大きく変わった変化に気づかずにいたものです。
そして、9人の男女を演じる役者さんたちの演技も素晴らしいんです。特に、ボビー役を演じるマイケル・エクランドさんがすごい!!終盤には「この人もともとどんな人だっけ?」と思わせるほどの怪演。また、この人を筆頭にみなさん”人とは思えない人間”を演じていて、地獄絵図をスクリーンに完成させてくれました。・・・撮影現場どんな空気だったんだろうか?(笑)

また、ラストでもしっかりとキメてくれます。ラストでうつされる登場人物たちのそれぞれの表情が意味深で非常に観終わった後も味の残る作品でした。

htdjtfjyh.jpg

さてさて、ここまで誉めるコメントしか書いてないんですが、やっぱりあの蛇足とも言える中盤の展開には苦言を呈さないとダメですよね(笑)
たしかに、描かれるテーマの一つが「”分からない”事への恐怖」だと思われるので、イベントの一つとして考えて深く掘り下げなくてもいいとは思うんですが、やっぱりあの展開(ネタバレ→防護服を着た男たちが突入してくるところから、子供が謎の実験体にされちゃってるところまで)だけ浮いちゃってるような気がしました。映画がクライマックスに差し掛かるころには「あ、もうあの場面はもう種明かししないんだな」と思って気にしないようにしてましたが・・・やっぱりあの場面だけ妙に宙に浮いちゃってるんですよね・・・。この展開さえ無ければ(あるいは別の形であれば)もうちょっと加点しても良かったのですが。もし、あの場面がただのイベントではなく何かしらの意図があるのだとしたら・・・誰かわかる方、コメントください(笑)

観る前からなんとなく予想していましたが、終始救いが無い作品です。グロをおしてる映画では無いんですが、やってるとこではやってます(笑)苦手な人は避けてください。
ただ、こういう絶望的な映画が好きな人(そんな人がどれだけいるのか知りませんが(笑))は非常に楽しめる映画だと思います。

19.jpg

余談ですが、この主人公的な女性↑
やけに美人だけど、どっかで見覚えあるなぁと思っていて調べてみたら『ホステル2』でスパークしてた女の子でしたね。ローレン・ジャーマン、要チェックやな(笑)

参考映画

ホステル2 [無修正版] [DVD]ホステル2 [無修正版] [DVD]
(2008/02/22)
ビジュー・フィリップス、ヘザー・マタラッツォ 他

商品詳細を見る

『ホステル2』のレビューはこちら




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。