スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』を観た

134261138695113128416.jpg
あらすじ:バルセロナのとあるマンションの住み込み管理人セサル(ルイス・トサル)は、住人のクララ(マルタ・エトゥラ)に異様な感情を抱いていた。自由に合鍵を使用できるのをいいことに彼女の部屋に忍び込み、ベッドの下で息をひそめては眠るクララの体を毎晩慰め続けるセサル。日ごとに行動がエスカレートしていく彼は、彼女の歯ブラシを使用したり、化粧品に薬品を混ぜたり、虫の幼虫をさまざまな場所に忍ばせたりするなど奇行を続け……。

『スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜』予告編はこちら(虫苦手な人は注意!!)




タコ的点数:70点




『REC』シリーズで一躍その名を世界に広めたジャウマ・バラゲロ監督の最新作です。『REC』以前の作品で『機械じかけの小児病棟』というのがあるんですが、これも結構面白くて、最近タコが最新作を楽しみにしてる監督さんの一人です。
さて、ジャウマ・バラゲロ監督の作品はどれもホラーなのですが、タコはこの作品を観て『この監督、ホラーの幅が広いなぁ』と感心したものです。
『REC』がビックリ系エンターテイメントホラー、『機械じかけ』が心温まる感動ホラーだとするならば、この『スリーピング タイト』は嫌悪感100%の非人道的ホラーと言えるでしょう。なかなかパワーのある作品でした。

sleeping02.jpg

お話は、あるアパートの管理人のおじさんが部屋の合鍵を使えることをいいことに、夜中に女性の部屋に侵入して、その女性が寝ている間にあんなことやこんなことをやる、という変態極まりない内容となってます(笑)
この映画は、とにかく徹底して変態で外道で最低なおっさんを描くことに力を注いでいます(笑)
女性が帰ってくる前にベッドの下に潜り込み、女性が寝たらのっそり出てきて寝ている女性に薬を嗅がせて、起きないように準備した後、女性の身体に触れるわ部屋の中にいたずらしまくるわ、もう考えるだけで身の毛もよだつ行為の数々。しかも、その動機も最低最悪なんですよね。もうとにかく嫌悪感しかないんです。
しかもこのおっさん、特別頭がキレるわけでもなく特別強いわけでもなく、ホントに普通のおっさんなんです。なのに、どれだけ最低なことを裏でやっていても、アパートの人と話すときや警察から事情聴取を受けているときは、なんの動揺もなく平然と話をしています。普通じゃない!!
このギャップがホントに怖くて、「こいつ、性根から腐ってんな!!」と思ってしまいます。
・・・でもですね、実際の社会にいる変態変人ってリアルにこういう人なんだろうな、と思ってしまう恐怖があるんですよね。
特に凝った動機や計算を入れず、力いっぱい振り切ってただただ腐ったおっさんを描いたこの作品。その思い切りが、背筋が凍るようなリアリティを生んで、これだけ怖い作品を完成させたのでしょう。

sleeping06.jpg

ただ、これだけは言っておきたいです。
これ、僕はホントに女性が観るのはオススメしません。
内容が内容ってこともあるんですけど・・・あの、オチ!!
女性にとってはかなり気分の悪いオチなんじゃないでしょうか!?
僕は男なんで、こう言い切ってもいいものかどうかわかりませんが・・・。
僕は「やめといた方が良い」と言ったんで、女性の方で興味のある方は自己責任でお願いします・・・(さぁ~て、観たくなってきたでしょう~?(笑))。

sleeping03.jpg

参考映画

REC/レック スペシャル・エディション [DVD]REC/レック スペシャル・エディション [DVD]
(2008/11/28)
マニュエラ・ヴァラスコ、フェラン・テラッツァ 他

商品詳細を見る

『REC』レビューはこちら


機械じかけの小児病棟 [DVD]機械じかけの小児病棟 [DVD]
(2007/03/28)
キャリスタ・フロックハート、リチャード・ロクスバーグ 他

商品詳細を見る

『機械じかけの小児病棟』レビューはこちら




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。