スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『隣人13号』を観た(ネタバレあり)

d47b1ce741914c45ffc4f5e2992cfdc5.jpg
あらすじ: 小学生の頃に受けたイジメの復しゅうをするために、10年ぶりに地元に帰ってきた村崎十三(小栗旬)。彼の標的は赤井トール(新井浩文)。十三は赤井と同じ職場に潜り込み、見事を恨みをはらす。その頃、十三の中には13号(中村獅童)という凶暴な人格が宿っていた。




タコ的点数:80点




過去のイジメが原因で二重人格となってしまった青年・村崎十三(じゅうぞう)。ひとりは穏やかな十三。もう一人は凶暴な十三。凶暴な十三は過去のイジメの復讐をするためにいじめっ子だった赤井と同じアパートに住み、同じ職場にもぐりこむことに成功。そして、復讐のために殺戮を繰り返す。穏やかな十三は時折現れるもう一人の凶暴な十三をコントロールできずに恐怖する・・・というお話。

原作は井上三太さん作の同名漫画です。ちなみにタコは未読。
監督は井上靖雄さんという方で、これまでたくさんのミュージックビデオを作る活動をしていたそうで、この映画が初監督なのです。しかも、あまり普段から映画を観ないということも何かのインタビューで言ってたらしいです。・・・この映画、そんな人が作ったとは思えない面白さとパワーにあふれています。すごい!

img_1529098_24642458_2.jpg

主演を務めるのは当時まだ無名だった小栗旬さんと歌舞伎役者・中村獅童さん。この二人が2人一役で十三の二人格をそれぞれ演じます。
何よりもまず言いたいのが、中村獅童さんの狂いっぷりです。怖すぎ。
いじめの後遺症である火傷メイクからかなり恐ろしい顔になってますが、その外見に負けないほどの、これまでに見たこともない狂人・中村獅童さんの姿が観られます。妙に高い声で話したり、奇声を発しながら歩き回ったりと、一歩間違えればギャグにも見えかねない奇行の数々を違和感なく(言葉が違う?(笑))演じていて、もうホントにトんでる人間にしか見えないんですよね。ホントに怖かったです。

そして、最近何かと目にする新井浩文さんや結構元ヤン役が様になってたパフィーの由美ちゃん、ゲスト出演の三池監督まで、何気にキャストも意外ながらしっくりきてて良かったですね。
巷では、グロいという感想をよく目にしましたが、僕はそんなことなかったと思いますね。物語もかなり観客に解釈の余地を残したものなんですが、そんなことでこの映画の評価を落とすのはもったいない。最強狂人・中村獅童さんを観るでもこの映画は価値がありますよ。オススメです。

rinjin131.jpg










以下、ネタバレ

あくまで個人的な解釈です。
ラストはかなり難解な終わり方だったのですが、難しい映画を観た時は意外と各チャプター名にヒントが隠されていることが多いです。
ラストの、子供時代の十三がいじめっ子の赤井にやり返した以降のチャプター名は「未来の可能性」とありました。つまり、子供時代の十三が赤井にやり返してその後二人が中学まで仲良くなったのは「こういう未来もあったかもしれない」というイメージ映像だととらえるのが正解だと思います。
いじめられた過去を根に持ち、結果カバンに詰めた息子を赤井自身に撃たせるという形で復讐を遂げようとした十三。これ、かなり残酷な復讐ですよね。しかし、意外にもいざ赤井を殺そうとしたときに赤井から謝罪の言葉を受けるわけです。これにより十三は奇声を発して歩き回るわけです。・・・そして、イメージ映像。
「もし、この復讐を子供の時に行って、この謝罪を受けていれば・・・」
こんな残酷な復讐を行う必要もなくまともな人間として生きていたのかもしれない。十三の脳裏には、そんな平和な未来の可能性が思い描かれていたのだと思います。

ところで、僕がずっと気になっていたのが獅童バージョンの十三が第二人格のように描かれていましたが、もし小栗バージョンの十三が主人格だとするなら、小栗バージョンに火傷の跡が無いのがずっとおかしいなと思っていたんです。
ラストに小栗バージョンの十三があの部屋から出ていくシーンがありましたが、あのシーンで僕は一つの確信を得ました。
実は獅童バージョンの十三が主人格だったのでは?
イジメの影響で復讐心が燃え上がった十三。小栗バージョンの十三は、「本当は復讐なんてしたくない」と主人格を止めるために現れた第二人格だったのでは?と考えています。

うろ覚えの知識なんですが、第二人格って主人格が理想とする人物の人格で現れる場合が多いらしいんです。冷徹な復讐者となり、子供まで巻き添えにして復讐した十三。しかし、意外な赤井からの謝罪。
この時点で十三は後悔している、「本当はこんな冷徹な人間になりたくなかった」と後悔しているとするならば、この考えも合点がいくと思うのですが・・・みなさん、どう思います?



rinjin137.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

俺漫画ちょっぴり読みましたよ

なんか普段は皮のマスクつけてるから綺麗なだけで、十三くんにも火傷はあるみたいです。

Re: 俺漫画ちょっぴり読みましたよ

俺さん、コメントありがとうございます。
返信遅くて申し訳ありません(><)

あぁ、そうなんですねぇ。自分は原作を読んでいなかったので、知らなかったです。
普段は皮のマスクつけて隠してる・・・
ってことはやっぱり素直に小栗さん十三が主人格ってことになるんですかねぇ?

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。