スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『セッション9』を観た

image154.jpg
あらすじ:1871年に建てられ、かつて2,400人の患者を収容したダンバース州立精神病院。そこでは、現在は禁止されているロボトミーやショック療法といった非人間的な治療が施されていた。1985年に閉鎖されて以来、廃墟と化したこの建物が公共施設として改修されることになり、アスベスト除去のために5人の男がやって来た。通常は2週間かかる作業ながら、彼らに与えられた時間は1週間。これを過ぎれば報酬の1万ドルは払われない。さっそく作業を始める彼らだったが、かつて患者が受けた虐待や狂気、苦痛といった悪夢の痕跡に触れ、次第に精神が追いつめられていく……。




タコ的点数:65点




舞台となるのは、実在する巨大な廃墟「ダンバース精神病院」
1871年に建てられて、わずか14年で閉鎖。上空から見ると大きなコウモリのような構造になっているこの病院は、最盛期には7000人もの患者を収容していた。精神病に対する風当たりがまだ強かったと思われる1900年代以前においては、この巨大で豪華な病院はある意味「理想的な精神病院」であった。しかし、その裏では精神病者に対する虐待や拷問、今では違法とされているロボトミー療法などが行われていたという暗い歴史がある。
さて、そんないわくつきの廃病院に5人の男たちがアスベスト除去のためにやってくるわけですが・・・。

10037774759.jpg

最も残念なのが、「ダンバース精神病院」というこんなにも面白そうな題材を扱っているにも関わらず、それがうまく脚本に絡んでいないことです。
過去の治療の際の録音テープを聞くなど、いろいろと伏線(らしきもの)を張っているものの、それがラストでは強引に繋ぎ合わされていて(というか、繋がり自体感じられないかもしれない)、こちらが無理やりにでも解釈しないといけない作りになっていました。
もちろんよく考えてみたら、恐ろしいものが「呪い」なのか「人間の狂気」なのかとか、空白の部分をうまく自分で組み立てられたらそれなりに怖い話になるんでしょうけど・・・う~ん、決して考えられた脚本ではないことは明らかなんですよね。

10037774762.jpg

しかし、この映画、演出面はとびぬけて素晴らしいと思いました。本物の「ダンバース精神病院」が舞台になっているだけあって、”本物”からにじみ出てくる不気味さはぞくぞくしますし、何よりサウンドが怖いんです。
終始、おどろおどろしい思いBGMから時折流れる不安になるようなノイズ。そして、不意に聴こえる悲鳴の声がただ驚かすだけでなく、後の伏線になっていることもすごいなぁって思いました。
ストーリーこそ残念でしたが、観ている間はとにかく不安で怖かったです。時間が経てばじわじわと評価が上がっていく映画かもしれませんね。

10037774761.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

こんにちは(^^
新作から珍しい作品も沢山見られているようで凄いですね♪
このセッション9というのはビデオですか?
紹介されている作品も初めて知るものも沢山あって興味深いです。
近くのゲオはタイトルが少なくて、やっぱりツタヤじゃなきゃダメかな〜と感じています。

Re: はじめまして

BEMさん、はじめましてこんにちは!
コメントありがとうございます(^^)

> 新作から珍しい作品も沢山見られているようで凄いですね♪
ありがとうございます!「面白い映画はジャンルや時代にはとらわれない」というのが信条でして(笑)
とにかく数をたくさん観るようにしています。

> このセッション9というのはビデオですか?
2001年公開の映画でDVD化されていますよ。
そんなにメジャーな映画ではないと思うので
取り扱っていないレンタルショップもあると思いますが・・・(^^;)

> 近くのゲオはタイトルが少なくて、やっぱりツタヤじゃなきゃダメかな〜と感じています。
僕は、昔からTUTAYA以外で借りたことがほとんどないので、
他のレンタルショップと比べたことはないですが・・・。
僕の住んでいる田舎の小さなTUTAYAでも割とマニアックな映画が置いてあったりするので、
やっぱりTUTAYAさんの品ぞろえは素晴らしいと思いますよ!
この『セッション9』もTUTAYAさんならほぼ確実に置いてあると思います。
是非探してみてください(^Q^)/

ではでは。
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。