スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『SHAME -シェイム-』を観た(ネタバレあり)

T0012166p.jpg
あらすじ:ニューヨークに暮らすビジネスマンのブランドン(マイケル・ファスベンダー)は、プライベートのすべてをセックスに費やしているほどのセックス中毒状態。そんなある日、ブランドンのアパートに妹のシシー(キャリー・マリガン)が転がりこんでくる。恋愛依存症でリストカット癖のあるシシーとの生活で、二人は激しくぶつかるようになり……。

『SHAME -シェイム-』予告編はこちら




タコ的点数:80点




その挑発的な題材と、口うるさい批評家をして「完璧だ!!」と言わしめた完成度で、台風の目として今年の賞レースを席巻し、最大の話題をさらった『SHAME-シェイム-』(公式サイトより抜粋)。
とまぁ、こんな宣伝大好きなタコとしては観ないわけにはいきませんでしたね(笑)
過激な描写が問題となって日本では<R-18+>規制でも、上映許可が危うかったという今作。なんせ、出だしからぼかしぼかしの連続。主人公を演じるマイケル・ファスベンダーさんなんて、全編の内半分は素っ裸です(笑)
・・・というわけで、気になる方はひとりでこっそりと観ることをオススメします。決して彼女や友達と一緒に観るような映画ではありませんよ。

m0000000681_sub1_large.jpg

さて、主人公のブランドンは性依存症の男です。部屋にコールガールや行きずりの女を連れてセックス、バーで知り合った女と野外でセックス。また、家に帰ればパソコンでポルノ動画をあさって、会社にある自分のパソコンのハードドライブはポルノ画像で一杯という・・・セックスに全ての時間を注ぎ込む男なんですね。
人とも深い関わりを持たず一貫してセックスに集中する彼の生活を脅かすのが、急な訪問者である妹シシー。彼女は彼女で人依存症とでも言いましょうか、とにかく人との関わりに依存する女なんです。
この全く対極にある二人の関係が面白いんです。お互いに自分のことを棚に上げて、相手に怒りをおぼえてイライラする。特に兄貴であるブランドンは自分の行為を顧みず妹の行動にイライライライラするわけです。

さて、この映画のポイントは「なぜ、彼はセックス依存に陥ったのか?」「彼がセックスを隠れ蓑に隠していた本当のシェイム(恥)とは?」というところなんですが・・・。
お察しの良い方はもうお気づきでしょうが、「批評家が絶賛!!」みたいないかにも通好みの作品なので、1から10まで全て語られる作品ではありません。問いを投げかけられて「さぁ、あとは自分で穴埋めしてくださいね」的スタンスの映画なのです。というわけで、スッキリ映画を観たい方にはオススメしません(笑)
ちなみに、タコはそういうスタンスの映画は嫌いではないです。そういう映画も受け入れられるという人は、この映画結構気に入ると思います。
ストーリーの他にも、綺麗なNYの街並みや登場人物のお洒落な衣装などは見ごたえがありますし、監督が期待されている新鋭映像作家というだけあって印象的なシーンから終盤からの展開など、十分面白い映画だったと思える作品だと思います。

main_temp_large.jpg










以下ネタバレ

あくまでも個人的解釈です。

この映画、主人公のブランドンと妹シシーの過去については一切語られないんですよね。序盤のシシーの歌やところどころでの兄弟の会話から、過去にこの兄弟に何かしらの出来事があって、辛い思いをして二人ともNYに出てきたことはなんとなくわかるんです。おそらく二人の依存症もその過去が原因になっているかと。しかし、そこから先のことは想像に任せるしかないんですよね。だからまぁ、「二人の過去にいったい何があったのか?」ということはこの際考えず「セックス依存症の男の行く末」みたいな感じで観るのが正しいかと。

セックスで満たされない心を満たしながら生きていた男。黒人女性との恋セックスではモノが機能せず恋人関係でのセックスでは満たされないことを自覚し落胆。妹との口論で家にあったポルノ関係のものを全て捨ててしまうもその欲求は止められず。ラストでゲイと絡んだり3Pやったりと、その欲求はいくところまで行ったのですが、結局は満たされきれず3P途中で泣いてしまうわけです。個人的にはこのシーンかなり好きでした。セックスシーンで泣きそうになったのは初めてですね(笑)
僕はラスト、妹への愛情に気づき立ち直ったのだと思っています。電車で出会った人妻を追うことはもうないでしょう!!・・・それでも彼のセックス依存は治らず、また同じ日々を繰り返してしまう・・・ともとれますが・・・う~ん、味のあるラストでした。

ところで、序盤からこの二人、兄妹にしてはやけにいちゃついてるように見えるなぁと思っていたので、僕はラスト兄妹の近親相姦で終わるのかなぁと思っていました(!?)。結局のところ、妹シシーが自殺未遂となり兄貴ブランドンが泣き崩れるだけで終わり。そういうことを示唆するシーンが一切無かったのですが、僕はやっぱりブランドンはシシーに対してそういう感情があったのではないかと思っています。そう考えると、いろんなことがつじつま合うんですよね。ブランドンの心が心の無いセックスで満たされていたことも妹への愛がそうさせているのだと考えられますし、恋人関係でのセックスでモノが機能しなかったことも合点がいくんです。そして、その妹への愛が彼の本当のシェイム(恥)だったともとれるんですよね。

・・・ただ、ひとつだけわからないのが、ブランドンの自宅パソコンにあった裸の女性の動画なんですよね。自慰行為を目撃したシシーがその直後に見つけた動画です。「あなた、ブランドンの恋人?」って話しかけてたやつ。
あれ、誰が撮ってんだろう?とか、あの裸の女は何者だったんだ?とかいろいろ考えちゃって、どうもあれだけ宙に浮いちゃったんですよね・・・。
誰かわかる方、コメントお願いします(笑)


m0000000681_sub3_large.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

この作品のネタバレを知りたくて、こちらのブログに辿り着きました。
ネタバレというか、観て、結局主人公にとっての真の「恥」って何だったんだろう?という感じなのですが…。

いろんな方のブログも見ましたが、やはり明確にはわからない感じなんですね。
私も妹に対する近親相姦だと思いながらずっと観てたのですが。

ネタバレの最後の部分に書かれていた、PCに映っていた女性の動画ですが、たぶん、アダルトチャットだと思います^^;

Re: はじめまして

Teruさん、こんにちは!
コメントありがとうございます(^^)

僕もスッキリしない映画は、いろんな方のブログをたどってヒントを得ます(笑)
ここにも足を運んでくれてありがとうございます(^O^)

たしかに予告編にもあった主人公の「恥」ってなんだったのかな?と僕も思いました。
少し汚い言葉を使うなら「妹とSEXしたい!!」と思いながら暮らしていたのが、彼の「恥」だったのでは?
と今ではそう解釈しています(笑)

あ、動画やビデオじゃなくてチャットだったんですね。
なるほど、合点がいきました(^^;)
小難しい映画だったので考えすぎてしまったようです(笑)ありがとうございます。

人を愛するとは

私は、とても興味深く考える事が出来ました。兄と妹の2人ともが愛を求めているいるのにも関わらず、2人とも得られていません。現代社会のなかでは、それを見つけてゆくことがとても難しい。互いに相手の事を想い、そして自己犠牲をも厭わない愛はまやかしか、或いは欺瞞であるかのごとく、扱われています。もっと話を広げたなら、この兄妹は私達であり、私達はその愛を見つけられず、また間違った形で動いてしまっている。もう一度、私達が人を愛し、互いに想い、生きていく。そのことを突き付けられているような気さえしました。

Re: 人を愛するとは

神戸洋さん、コメントありがとうございます!!
お返事が遅くなって申し訳ありません!!


大変興味深い記述ですね。
この二人の関係が、僕たちの社会のことを指していると考えれば、もっと深く読み取ることもできるかもしれませんね。
好きな人を愛する、っていうことをまたもっと深く考える機会になるのかもしれませんね(^^)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。