スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『機械じかけの小児病棟』を見た

観てからしばらく経ってから知ったんですけど、これって「REC」の監督さんの作品らしいですね。個人的にはこっちの方が断然好きですが。今回は「機械じかけの小児病棟」。
img_1496969_62542590_0.jpg
あらすじ:エイミー(キャリスタ・フロックハート)は、イギリスのワイト島にある閉院間近の小児病院に夜勤看護士として雇われる。同僚のヘレン(エレナ・アラヤ)と交代し、彼女は勤務についたが、初日の夜に大きな物音を聞く。患者のマギー(ヤスミン・マーフィー)は、シャーロットという霊の存在を彼女に打ち明けるが……。


タコ的点数:80点



数か月の間ホラーばかり観ている時期がありまして、何人も人が死んで血みどろぐちゃぐちゃ、そんな映像ばかりで心もすさんできそうな僕でした。しかしそんな時、この映画に出会いました。いやぁ、久しぶりに温かい涙を流したような気がします。ホラー映画をいろいろ探してるときに、なんか評判のいいものないかなと探していたときにふとメモしたタイトルのひとつ。これが、良い意味での裏切り。ホラー生活まっただ中だったの僕にとって救いになった映画でした。

01.jpg

いや、内容はもちろんホラー。古い病院に潜む邪悪な何かがじわじわとナースと子供たちを傷つけていく様はホントにドキドキします。そして、ラストに待ち受ける感動的な結末。これをカタルシスと呼ばずに何と言いましょうか!?(いくらでも言える)

10085353009.jpg

これは、ホラー嫌いの人にも是非見て欲しい!!と、思ったんだけど、いくつか辛いなぁ・・・という点を。
まず、グロテスクシーン。そこまで酷いグロシーンがあったわけではないんですけど、被害者の多くが(全員?)が骨折させられます。なんせ、センスの無い邦題にに隠れて原題は「FRAGILE=もろい、壊れやすい(他に意味も?)」ですから、それはもうしょっぱなから男の子の骨折シーン。平気な人は平気なんでしょうけど、僕自身グロ描写は得意な方ではなく、と言ってもいっそのこと首チョンパとか内臓ドバァぐらいやってくれたら現実味なくて逆に見れるですけど、骨折系の描写はホントに苦手で骨折れる音だけでも駄目なんですよね・・・。それが僕には見ていてつらかったです・・・。
あと、ちょっと子供の被害者が多いです。どうしても、子供が犠牲になるのは辛いですよ・・・。
この二点で泣く泣く減点(笑)

fragiles.jpg

まぁ、長くなりましたが、以上のことが大丈夫な人ならぜひ見て欲しい一本です。



参考映画

REC/レック スペシャル・エディション [DVD]REC/レック スペシャル・エディション [DVD]
(2008/11/28)
マニュエラ・ヴァラスコ、フェラン・テラッツァ 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。