スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『箪笥<たんす>』を観た(ネタバレあり)

img_312605_2559761_0.jpg
あらすじ:長期入院から帰ってきた仲の良い姉妹(イム・スジョン、ムン・グニョン)を、若く美しい継母ウンジュ(ヨム・ジョンア)が迎える。冷ややかな継母の表情に敵意を覚えるスミ。やがて、家のあちこちで怪奇現象が起き始める……。




タコ的点数:50点




あぁ~、久しぶりに出会った、観終わってからさっぱりわからない映画でした(笑)
韓国ホラーって初めて観たのですが、なんとなくJホラーみたいな感覚で軽~く観てたんですが、思いのほか難解でビックリ(笑)思わず、観終わってからいろんなレビューを観たのですが・・・イマイチ納得できる解説に出会うことはありませんでした。

tannnnnnnnnnnnnnnnnn.jpg

というのも、ストーリーの大筋はヒューマンドラマみたいな感じなんですよね・・・ホラー的要素は完全に不要!!と感じてしまいました。むしろ、途中に出てくる亡霊とか超常現象のおかげで、余計なややこしさが増した感じ。あらましだけ見ればホントに単純なストーリーなんですけどね~。割と好きな感じのストーリーだったんで、ちょっと余計だなぁ~と思ったホラー要素が無ければもう少し加点あったかもです。

なんでもハリウッドでは『ゲスト』というタイトルでリメイクされてるようです。こっちも観てみようかなと思います。

img_628453_22785243_5.jpg





以下ネタバレ

観終わった後の感じは、なんとなく『マルホランド・ドライブ』に似てたかなぁと思います。
どこからが妄想でどこからが現実なのか・・・ってのがポイントかと。
いろんなレビュー観てると、「物語の9割は主人公の女の子の妄想だった。主人公の多重人格の原因はラストシーンでの継母との口論のせいで妹を助けられなかったことだ」ってのが、割と有力らしいんですけど・・・。
ん~、お母さんがなんで死んだのかとか亡霊の正体(これは死んだ妹の霊だってのが多い意見でしたが、これもいまいち納得できず・・・)とか、いろいろ気になっちゃってやっぱり釈然としないです。
まぁ、このストーリーを受け入れられる人ならかなりの感動作だと思うのですが・・・タコは無理でしたねぇ~。



tannnnn.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

箪笥 <たんす>

白いドレスを真っ赤に染めてソファに座っている姉妹。 衝撃的でもあり美しくもあり、惹かれるポスターですよね~ 私、まずこれにまいっちゃったんですよ。(^^ゞ そんな人いないです...

コメントの投稿

非公開コメント

タコさん、こんにちは!

そうそう、マルホなどのリンチ作品にしても、
この箪笥にしても、現実と妄想が混在していて、
1回観ただけでは理解しづらいですよね~

それで私は3回観ました(^^;
2度目からは、そうだったのか~って思えるんですよね。
マルホは未だに謎だらけですが、
箪笥のほうは、自分なりに割とスッキリできましたよ。
ただしこれは1.5倍速にしないと眠気がきちゃって・・・(^^;

Re: タコさん、こんにちは!

YANさん、こんにちは!!

3回も観ましたか!!すごいですねぇ!!
僕は、YANさんのおっしゃるように、何度も眠気に襲われたので2度観る気にはなれませんでした(笑)

YANさんとは逆で『マルホランド・ドライブ』は2回観て、
なんとなく自分の中で消化したところはあるんですが、
この『箪笥』は一度しか観ていないのでまだまだ消化不良です。
どちらも二度目からは「あぁ~このシーンはこういう意味だったのかぁ」とかいろいろと発見があって面白いと思うんですけどねぇ~(^^;)

短期間にこういう映画続けて観るもんじゃないなぁと思いましたね(笑)

No title

マルホランドドライブみたい・・・私も思いました。
そして見終わった後で、私も色んな人の評を読み漁りましたよ。

無駄に貞子なあのベッド際の霊ですが、体は大人の大きさですが、顔が妹でしたよね(多分)。緑色のワンピースを着た霊も妹。緑色のワンピースは、妹が轢死した箪笥の中にかけてあったので。

継母も、妄想後は優しげな雰囲気なので、意地悪なのはもうそうかなとも思いましたし、ダンスの下敷きになったのをわかってて見殺しにしたのは、継母妄想中の姉だという書き込みも見ました

確かに、継母が物音がして確認しに行った風ですが、その時に弟の嫁がそれを見ているので、継母が、階下におりてきて「見てきたけど、なんでもなかったわ~」なんて言えない状況でしたしね。

四人の食卓もそうですが、店舗もゆるめで長いので、もう一回見直そうとはなかなか思えないですけれど。
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。