スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『テイク・シェルター』を観た

b7fa804ab9b99eb8f82978f97dc4d844.jpg
あらすじ:小さな田舎町で妻子と充実した生活を送っていたカーティス(マイケル・シャノン)は、大災害の夢を見るようになる。恐怖、まもなく地球規模の天災が起きると思い込んだ彼は、避難用のシェルターを作り始める。そんなカーティスの行動を、家族や周囲の人々は理解できず……。


『テイク・シェルター』予告編はこちら




タコ的点数:75点




世界崩壊の悪夢を見た主人公が、漠然とした不安からせっせとシェルターを作り出す、というお話。主人公は、シェルターを作るために会社の機材を無断使用したり、勝手にローンを組んで金を使ったり、果てには娘の治療費の支払いさえ危うくなるほど、シェルター作りに没頭します。周りの友人や仕事仲間はもちろん、家族さえも彼の異常な行動が理解できません。それでも彼は不吉な”予感”におびえながらシェルターを作り続ける・・・というお話です。

30915_03_l.jpg

この映画の脚本家は、結婚1年目に失うものができたことから生まれたなんとも言えない恐怖感からこの脚本を書いた、と話しているそうです。そこから、この映画を解釈するヒントはありそうです。
ただ、この映画が日本で公開されたのが2012年。この映画の中での竜巻を放射能に置き換えると、日本にとって非常にタイムリーな映画だと感じざるを得ないかもしれません。
主人公は、誰も信じていない中、ひとりだけ「近いうちにとんでもない嵐が来る」と確信して、大掛かりなシェルターをせっせと作り出すのです。そんな彼を周りの人が冷笑しながら見ているわけですが・・・ホントに「嵐なんか来るはずがない」と思って主人公をバカにしている周りの人間の方が理性的なのでしょうか?
「放射能にそんなにおびえているなんて、そんなに気にしなくてもいいじゃないか」「弱い放射能なら少しぐらいあびた方が健康だ」とか言うような人間の方が本当に理性的なんでしょうか?
この映画の脚本家がどういう意図でこの映画の脚本を書いたのかは知りませんが、僕は「大きな天災や人災の予感・予測に対して、どっしり構えてちゃんと考えれいれば、不安やパニックなんて起こらない」と安易に考えている人へのアンチテーゼのようなものを感じました。それだけにラストは衝撃。少々強引ではあるものの、この映画の意図がそのラストシーンで感じられ、強く記憶に残る映画となりました。

30915_01_l.jpg

終末系の映画、ってたくさんあると思うんですが、この作品は僕がこれまで観た中でも一番説得力のある映画だと思いました。主人公の見る悪夢の演出も凝っていて、劇中での「言葉にできない不安」というものがひしひしと感じられます。
近々、関東の方でも大きな地震が起こるかもしれないという予測がされています。この映画を観た後、あなたはその事実に対してどのようにふるまうべきなのか、考えさせられるかもしれません。

30915_02_l.jpg




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テイク・シェルター

マイケル・シャノンの顔が怖い! 恐怖や不安が渦巻く不気味さの中に、家族の絆が・・・ カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリなど数々の映画賞受賞。 TAKE SHELTER 監督:ジェフ...

コメントの投稿

非公開コメント

タコさん、こんにちは!

わたくし、お邪魔虫かもしれませんが(^^;、
ちょうど同じ作品を観た所だったのでコメントさせてもらいますね。

これは主人公の感じる不安が、本当に不気味に感じられましたね。
日本人ならバカにできないリアルな恐怖ですもんね。
これを観たら、それなりの災害対策はとっておかなくちゃと
しみじみ思いましたよ。(ある程度は準備してますが)

ただ私は観終わった時に、家族の理解や信頼が
主人公には重要だった気がしました。

Re: タコさん、こんにちは!

YANさん、こんにちは!!

お邪魔虫だなんてそんな・・・(笑)
YANさんのレビューも読ませていただきましたが、非常に感心させられました(^^)

>家族の理解や信頼が
>主人公には重要だった気がしました。
YANさんのブログの方にもコメントさせてもらいましたが、たしかに、主人公に対する家族の支えを無視してこの映画は語れないでしょうね。
いやぁ、表面的なことしか観れていなくて反省しきりです(笑)

ではでは。
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。