スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ザ・レッジ -12時の死刑台-』を観た

img_1508343_61240838_1.jpg
あらすじ:青年ギャビン(チャーリー・ハナム)は、高層ビルから飛び降りようと試みていた。そこに駆け付けた刑事のホリス(テレンス・ハワード)は説得にあたるが、ギャビンは「自分が飛び降りなければほかの誰かが死んでしまう」と思いがけないことを告白。説得しつつ動機を探ろうとするホリスに、ギャビンはなぜこのような事態になったのかという理由を語り始める。

『ザ・レッジ -12時の死刑台-』予告編はこちら




タコ的点数:40点




さて、予告編やあらすじから観る限りこの映画サスペンスだと思われるかもしれません。が、サスペンスではありません。ヒューマンドラマです。
なので、サスペンスのつもりでこの映画を観た人にとってはとんでもない駄作に感じてしまうでしょう。だって、結末があまりにもシンプル。裏の裏は表とはよく言ったもので、逆に驚かされてしまいました(笑)。

ledge_210.jpg

さて、物語はなぜか建物の屋上で飛び降りようとする男、それを止める刑事、この二人が出会うところから始まります。そして、男は刑事に言うわけです。「僕が飛び降りなければ人が死ぬ」と。
そして、回想のように男が過去を語り出すのですが・・・物語の中盤あたりで人間関係と真相みたいなものが見えてきちゃうんです。そこからは、もうわかりきっている真相に向かってだらだらと物語が進んでいくだけ。
昨日観た『一命』もそうなんですが、過去を回想するストーリーの構成にするんなら、もうちょっと終盤まで結末が見えないように工夫してほしいものですよね・・・。
もう結末まで予測できちゃって、結果思った通りだった時の脱力感ったら無いです。

d20_dsc8889.jpg

個人的には、一連の事件が終わった刑事のエピローグが少し「良いな」と思ったので、気持ち少し加点。それでも40点(笑)
それにしても、最近パトリック・ウィルソンさんをよく見かける気がします。全然覚えられなさそうな顔なのに、なぜか記憶に残るキャラクターをここ最近の映画でいくつか演じられています。結構嫌いじゃない(笑)

kgdgfsd.jpg






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。