スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』を観た

e0cc93d8fa.jpg
あらすじ:自分をハメた悪党との死闘で瀕死の重態に陥った殺し屋シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)だったが、運ばれた病院で心臓を奪われ、バッテリー式の人工心臓を移植される。ところが、それは充電しないと止まってしまうという代物で、シェブは電流を求め、エンジンバッテリー、スタンガン、発電所とところ構わず充電するために奔走する。

『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』予告編はこちら




タコ的点数:65点




前作『アドレナリン』をはるかに凌駕するバカバカしさ!!
ジェイソン・ステイサムが割と好きなのと、前作がなかなか良かったのでこの続編も観てみましたが、内容はハッキリ言って前作とほぼ同じ。アドレナリンを分泌させながらボスを追う前作に対して、今作は充電しないと止まる人工心臓。ところどころで電気を身体に流しながら敵を追うわけですが、そこは前作よりハードル低いんじゃない?と思ったのは僕だけでしょうか?

334210view005.jpg

なんでも、脚本は前作と同じ人が書いてるそうなのですが、続編にあまり乗り気ではなくわざと無茶苦茶な脚本を書いたそうなんです。脚本家曰く、「まともな映画会社なら絶対に製作を許可しないような内容だ。おそらく、上の連中は脚本を読んでいないと思う。読んでいたら許可が降りるハズがない」だそうで。たしかに、ストーリーなんてあってないようなもので、設定から人々の行動の動機までとにかくわけがわからないんですよね。特に(ネタバレ→)発電所でいきなり巨大化して戦うシーンなんてトンチンカン過ぎです(笑)おそらくは、脚本家の方はこのシーンで「俺はマジメに本を書いていないぞ」ってのをアピールしたんじゃないでしょうか?
しかし、まぁ、人が無茶苦茶に書いた脚本をどういうわけか映像化できてしまったために、こんな他では観れないパワフルなバカ映画が完成したのでしょう。

334210view004.jpg

さて、クールな役の多いジェイソン・ステイサムがここまでバカをやってくれたことにも拍手したいのですが、それを上回るバカ以外の言葉が見つからない超汚れ役をやってくれたエイミー・スマートを忘れてはなりません。

e7a9bfac-s.jpg

上画像は、彼女が映画に現れる最初の衣装です・・・マジで(笑)
この衣装からもわかるように、彼女はこの映画でのお色気専門でここまでやるか!?というほど身体を張ってくれます。はっきり言って、彼女がこの映画でまともな衣装を着させてもらうことはありません。登場からストリップを踊らされ、この黒バッテンニップレスを窓ガラスに押し付けられ、中盤にある競馬場での笑撃シーン以降はずっと股にモザイクをかけられる始末。
この人、たしか『バタフライ・エフェクト』のヒロインじゃありませんでしたっけ?割と評判のいい作品のヒロインをつとめてるんですよね。その時はほとんど印象無かったんですけど、『ミラーズ』では真っ裸で顎裂かれるわ、このシリーズでは2作連続で汚れ役をやるわ・・・”こういう”女優さんだと思ってしまいますわ(笑)
とにもかくにも、このバカバカしい作品の仕事を受けたエイミー・スマートさん、これをきっかけにコアなファンを確実に増やしたでしょうね(笑)

334210view001.jpg

参考映画

アドレナリン [DVD]アドレナリン [DVD]
(2007/11/23)
エフレン・ラミレッツ、ドワイト・ヨアカム 他

商品詳細を見る

『アドレナリン』レビューはこちら


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
(2005/10/21)
アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート 他

商品詳細を見る

『バタフライ・エフェクト』レビューはこちら


ミラーズ(完全版) [DVD]ミラーズ(完全版) [DVD]
(2012/09/05)
キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン 他

商品詳細を見る

『ミラーズ』レビューはこちら




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。