スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た

d0127934_13114117.jpg
あらすじ: 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』予告編はこちら




タコ的点数:85点




「9.11」で父親を失った少年が、父親のクローゼットで見つけた鍵の鍵穴を探す旅に出る、というお話。
物語の途中まで、「これ、9.11を背景にする必要あるのかなぁ?」と思っていたのですが、最後まで観て納得。「9.11」って、全てのアメリカ人が共有している悲劇なんですよね。日本で言えば「東日本大震災」かな?多くの人がこの事件を無視できないほど大きな出来事であり、そこから生まれた悲劇をこの主人公の少年を通じて語られます。
そして、この映画を観終わった後に、多大な「哀しみ」を生んだ出来事を、個々が乗り越えるための救いは一体何なのか?それを、考えさせてくれる映画だと思いました。
物語の運び方が非常にうまくて良いです。

jytdyjtfyjt.jpg

特筆すべきは、主人公の少年を演じるトーマス・ホーン君の演技力ですね。14歳とは思えない感情表現です。不安の中で空に閉じこもってしまう彼の姿や、誰かと接するときの優しい表情、そして、心の内を吐き出すために叫びまくる彼の声・・・etc。トーマス君の動作のひとつひとつが目頭を熱くさせます。
これまで見た子役の中で、一番心を揺さぶられました。彼の演技を観るだけでもこの映画を観る価値はあると思います。これからの彼の作品に期待したいですね。

lhuiiugli.jpg

そして、またオチのつけかたもいいんですよねぇ~。ラストでの、サンドラ・ブロック演じる母親が少年に「実は・・・」という話をするシーンがあるのですが・・・ここまで我慢して引き締めていた僕の涙腺は一気に緩んでしまいました(笑)
余談ですが、サンドラ・ブロックってなんとなくあんまり面白くなさそうなラブコメによく出てるような・・・ハッキリ言って二流の女優さんだと個人的には思っていましたが・・・すいません!!完全に撤回します!!こんなに素晴らしい母親を演じてくれたサンドラ・ブロックを観る目が180度変わってしまいました。

とにもかくにもこれはオススメです。「9.11」を背景にしてるあたり、あまり期待していなかったんですが、いい意味で大きく裏切られた良作です。

yfkukurjut.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。