スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『(500)日のサマー』を観た

500summer.jpg
あらすじ:グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと……。

『(500)日のサマー』予告編はこちら




タコ的点数:90点




ジム・キャリー主演の『イエスマン "YES"は人生のパスワード』のヒロインを演じていた彼女を見て、タコがすっかり骨抜きにされてしまったズーイー・デシャネルの一番新しい作品だということでレンタルしました。
…ヤバい、完全にハマった(笑)この人、今世界で一番好きかもしれない・・・(笑)
借りてから知ったんですけど、主演の彼は『ダークナイト ライジング』や『インセプション』に出てたジョセフ・ゴードン=レヴィットでした。彼の顔もタコお気に入りのジェイク・ギレンホールのような薄い顔で好きですねぇ(タコはゲイではない)。『ダークナイト ライジング』のようなキリリとした表情から一変、こちらの作品では情けない表情がとにかく笑えて、また違った彼を見せてくれました。要チェックやな!!

他にも、ところどころで主人公の男に助言を与えるませた少女は『モールス』『キック・アス』クロエ・グレース・モレッツ。好きな俳優・女優さんが結構出てて、それだけでも満足できる作品でした。

334208view003.jpg

さて、毎度申してますように、タコは、好きな俳優さんが出てるとか、よほど良い評判を聞いたりとかじゃなければ、めったな理由がない限り恋愛映画って観ないんです。
しかし、いざ蓋を開けてみれば、この映画完全男性主観の恋愛映画なんですね。感情移入してしまう部分がたくさんあって、かなり見入ってしまいました。
簡単に言うと、運命の恋を信じる男と信じない女の恋愛が描かれているわけですが、いやぁ・・・なんとも、この映画観て過去の恋愛を思い出すのは僕だけじゃないはず・・・。意外と愛とか恋に対してロマンチックな感情を持ってる人って男の方が多いと思うんですよね。んで、現実に気づかされる瞬間が過去にある人って男の人でかなり多いと思うんです。
そして、この映画を観た男性はそんなかつての甘酸っぱい恋愛を思い出してしまうのではないでしょうか?さらに、その時好きだった女性を思い出して、こう思うのです・・・ビッチ(クソ女)!!と(ん~?まさか、俺だけかぁ?(笑))。

334208view001.jpg

絶望的なまでにロマンティックな男が500日の間に愛して、幸せになって、振られて、へこんで、自暴自棄になる姿を時系列バラバラで描くこの作品。たぶん、この時系列バラバラにあんまり意味は無い気はしますが・・・。
「この主人公、ホントに幸せになれるのか?」と不安にさせられますが、それでも、希望をもたらすラストはお見事でした。


追記:すごいオススメしたい映画なんですけど・・・この映画、カップルで観るのは危険かなぁと思います。ケンカになるかもしんない・・・(笑)

334208view005.jpg

参考映画

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル 他

商品詳細を見る



ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/12/05)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る

『ダークナイト ライジング』レビューはこちら


インセプション [DVD]インセプション [DVD]
(2011/07/20)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る

『インセプション』レビューはこちら


モールス [DVD]モールス [DVD]
(2012/01/07)
クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー 他

商品詳細を見る

『モールス』レビューはこちら


キック・アス DVDキック・アス DVD
(2011/03/18)
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ 他

商品詳細を見る





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。