スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ベルリン・天使の詩』を観た

img_1159378_26084036_0.jpg
あらすじ:天使ダミエルの耳には、様々な人々の心の呟きが飛び込んでくる。フラリと下界に降りて世界を経めぐる彼は、空中ぶらんこを練習中のマリオンを見そめる。彼女の“愛したい”という呟きにどぎまぎするダミエル……。




タコ的点数:70点




僕が今、一番好きな監督、ヴィム・ヴェンダース監督の作品です。ハリウッドでは『シティ・オブ・エンジェル』(タコは未見)という名前でリメイクされてるようです。
お話は、古くから人間を見守ってきた天使が人間に憧れて、天使をやめて地上に降りてくる、というもの。
セリフのほとんどが、難解な詩的なセリフのため、なんだか小難しいことを言ってる映画なのかと思うかもしれませんが、言ってることは単純明快で、「人間として生きることの素晴らしさ」なんですよね。

hngdhf.jpg

天使目線がモノクロ、人間目線がカラー、というあからさまな映像表現がこの映画では非常に活きているのです。というのも、この天使が地上に降りた時、色に満ちた世界に感動するシーンがあるのですが、そこでの元・天使役のブルーノ・ガンツさんが無邪気にはしゃぐ様子に思わず微笑んでしまうんです。
というのも、前半はほとんどが人間の心の声を聞くことのできる天使がいろんな人の思いを聞く場面が続くのですが、人間たちはなにやら難しい顔で難しい言葉で不満や不安を心の声でつぶやいているのです(地下鉄で、そんな人の心に希望を与えるシーンは、素敵でした)。
これだけ、不満や不安をかかえてる人間なんかに天使がなぜなりたかったのか釈然としないところがあったのですが、後半の色の美しさやコーヒーの味にいちいち子供のようにはしゃぐ天使の姿は、僕らが忘れていた当たり前にある幸せを思い出させてくれるかのようで素敵でした。そうか、こんな単純なことを忘れていたのか、とまた世界を見る目を変えてくれた瞬間でした。

tenshinouta3.jpg

非常に、ヴェンダースらしい映画ではあるのですが、正直面白いかどうかと言われれば微妙です。特に前半のモノクロでの人間模様はかなり退屈です。前半80分ぐらいは退屈だと思います。
ヴェンダースは好きですが、これをもう一度観たいとは思いませんね(笑)

tenshinouta5.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介

こんばんは、ベルリン天使の詩いいですよね、確かに少し長い気もしましたが…。さて、ご存知とは思いますが、日本語の起源、言霊百神というサイトと短歌一首をご紹介させて頂きます。ありがとうございます。

なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。