スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『希望の国』を観た

120526003904.jpg
あらすじ: 泰彦(夏八木勲)と妻(大谷直子)は酪農を営みながら、息子夫婦(村上淳、神楽坂恵)と一緒に慎ましくも満たされた暮らしをしていた。そんなある日、大地震が村を襲う。泰彦の家は避難区域に指定されたが、長く住んだ家を離れることができない。葛藤(かっとう)の日々を送る中、息子の妻いずみの妊娠が発覚。二人は子どもを守るためにあることを決意する。


『希望の国』予告編はこちら




タコ的点数:採点不可能




これまでの園子温監督の作品とは全く違ったテーマの作品です。テーマは「原発」。
まず、日本のタブーとされてきた原発をテーマに、しかも今のこのタイミングでこの映画を完成させて世に出したということは、すごいことだと思います。上映している劇場こそ少ないですが、こういった映画を目にできたことは光栄です。

3624_1346671804_l.jpg

さて、では内容について書こうと思いますが、まず、必ずと言っていいほどこの映画を観た人は戸惑って劇場を出ることになるでしょう。この映画を観て、素直にそのメッセージを受け入れ原発の恐ろしさを再確認する人もいれば、そんな描き方に不快感を覚え憤る人もいるでしょう。それは、この映画の中で描かれる原発に対する批判やメッセージの表現の仕方があまりにもストレートだからです。登場人物がみんなまっすぐで、原発に対する怒りや不安を惜しげもなく口にします。その姿が、あまりにも僕らが安易に想像するような姿そのままで描かれており、そんな登場人物たちの行動やセリフ、そして放射能に汚染された町の光景を、過剰なまでに美しくまっすぐに描いているように感じました。
極めつけは、ラストの神楽坂恵さんのセリフとその後に現れる『希望の国』という題字。これは、皮肉のメッセージなのか?それとも、その言葉によりかかることしかできない人間の哀しさを表すのか、それとも、その言葉は真実なのだろうか?考えれば考えるほど、コインを裏返すように考えや思いが変わり、この映画を通じて何を感じればいいのか、そして、自分は原発に対して何を考えればいいのか、頭の中がめぐりめぐってわけがわからなくなります。

7920680630_cd2469e189.jpg


おそらく、園監督の狙いはまさしく、この原発に関するストレートすぎるメッセージによってとまどい迷う観客たち、それこそが今の日本の姿である、ということを言いたかったのではと考えています。

「楽観視しているのはいけないが、楽観視しなければ生きていられない」
これは、あくまで僕個人の意見です。観る人によってこの映画の評価は大きく分かれると思います。だから、あえてこの映画には点数をつけませんでした。
大きな声をあげて、率直な言葉を突き付けられたとき、自分はいったいどのように考えるのか?
手放しで称賛できる作品ではありませんし、かといって安易に批判できる映画でもありません。評価は難しいですが、それでも一見の価値はある映画です。

7920680814_a939b518cd.jpg



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。