スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『アメリカン・ギャングスター』を観た

f0138055_8363839.jpg
あらすじ:1970年代初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランクは、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。
時に横暴ともいえる強引なやり方で財力をつけたフランクはマフィアにも一目置かれる麻薬王として街に君臨する…。


『アメリカン・ギャングスター』予告編はこちら




タコ的点数:70点




…ハイ、ギャング映画は大好きです。デンゼル・ワシントン様、カッコ良すぎです♪(笑)
ギャング映画としては暴力的なシーンは比較的少なく、どちらかというとギャングと刑事の知恵比べといった感じでスマートで大人な印象を受けました。

329107view001.jpg

序盤は映画の世界をつかむためにごちゃごちゃしてて頭が混乱してしまいそうでしたが、後半にかけてがっちりと心を掴んでくれました。ラストまでしっかりと作られていて後味よく終わりました。

329107view004.jpg

舞台は、麻薬が世の中に広まり汚職警察が多くなり、街の善悪が混ざりあい秩序が乱れた時代。大物マフィアが死んだことで、マフィアの秩序も乱れつつあります。その乱れたマフィア世界を正すためにハーレムを自らの手で支配しようとするフランク。決して崩ない正義感から警察内部で受けました浮いてしまった刑事リッチー。
この二人がなかなか出会わないんです。リッチーが尻尾をつかんでも証拠がないのでなかなか近づけない。終盤の教会で二人が向き合うシーンでは少し震えてしまいました。粋な演出です。
今の社会も何が正義で何が悪なのかわからないです…でも…やっぱり正しい者が勝った方が気持ちいいですよね。

329107view002.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

No.387 『アメリカン・ギャングスター』

2007年制作 米 監督:リドリー・スコット ≪キャッチコピー≫ 『けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生!』 ≪ストーリー≫ フランクは長年仕えたハーレムの黒人ギャ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

デンゼル・ワシントンは確かにカッコよかったですねー。
しかしながらラッセル・クロウも負けていませんでした。
二人が織りなす男臭プンプンの良作。

悪党たちが一掃されるのを観るのはやっぱり気持ちが良かったです。
僕も今作は点数高いです (^^ゞ

Re: こんばんは。

ゆず豆さん、こんばんわ!

トレーニング・デイ以来、悪役のデンゼル・ワシントンがかなり好きになってしまいました。
この映画でもかなりカッコよかったです。もちろん、長髪のラッセル・クロウもかっこよかったです!!

個人的に暗ぁいバッドエンドの映画を観ることが多いんですが、なんだかんだで、この映画みたいに悪が一掃される様はスカッとしますね(^^)

ではでは。
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。