スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ドラゴン・タトゥーの女』を観た

ドラゴンタトゥーの女
あらすじ:月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪(しっそう)事件の調査依頼が舞い込む。連続猟奇殺人事件が失踪(しっそう)にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。

『ドラゴン・タトゥーの女』予告編はこちら





タコ的点数:80点




よし、今回はオリジナル(スウェーデン版)をちゃんと観てからリメイク版(ハリウッド版)を観たぞ!
というわけで、タコが大好きデビット・フィンチャー監督による『ドラゴン・タトゥーの女』です。
結論から言うと、スウェーデン版と比べると、このフィンチャー版『ドラゴン・タトゥー』の方が僕は好きです。
というかですね、オープニングムービーからがっちり心をつかまれました。あの同監督の斬新な『セブン』のオープニング以来なんじゃないかな?かっこいい!!と思ったオープニングは久しぶりでした。

20120222111937.jpg

スウェーデン版の方も、偶然だとかそういったご都合主義のない重厚なサスペンス映画として十分面白かったんですが、どうしても、原作に忠実に進んでたように思います(原作未読ですが(笑))。しかし、このフィンチャー版面白いサスペンス+映画的面白さが備わっていたように思います。観客に考える間を与えないテンポのいいストーリー展開やハリウッド的演出もありで、リメイクとしては十分すぎる作品になっていると思いました。
キーパーソンとなる天才ハッカー・リスベットフィンチャー版の方がキャラクターが立っていてかっこよかったように思います。
・・・多少の僕のフィンチャー監督びいきも含まれているとは思いますが・・・(笑)

df20619.jpg

これ劇場に観に行きたかったんですけどねぇ・・・まぁ、今回観れて良かったですけど。
あ、付き合って間もないような彼女と観るのはやめましょうね。びっくりしたわ、あのシーン(笑)

df19608edit.jpg


参考映画

セブン [DVD]セブン [DVD]
(2001/12/21)
ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る



ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]
(2010/06/04)
ノオミ・ラバス、マイケル・ニクヴィスト 他

商品詳細を見る





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラゴン・タトゥーの女

スウェーデン版は論理的で、ハリウッド版は感覚的かな。 オープニングにデヴィッド・フィンチャーの心意気を感じた! THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 監督:デヴィッド・フィンチャ

コメントの投稿

非公開コメント

タコさん、こんにちは!

私はフィンチャー版もオリジナルも両方とも好きですが、
リスベットに関してはノオミ・ラパスの印象が強くて
心に残ってます。
男性から見て可愛いのはルーニーのほうでしょうけどね(^▽^;)

オープニングにすっごく力が入ってましたね~☆
「移民の歌」がバッチリ合っていたし、
映像も黒いドロドロが内面を表わしていてインパクトありました!
あのカッコ良さにはやられましたね~

Re: タコさん、こんにちは!

YANさん、こんばんわ!

>男性から見て可愛いのはルーニーのほうでしょうけどね(^▽^;)
ラストのプレゼントのシーンは少しだけ女の子らしさを見せた、男心をくすぐるシーンでしたから、フィンチャー版の方が魅力的に見えてしまったのはあるかもしれませんね(笑)
ノオミ・ラパス演じるリスベットはひたすら強い女のイメージでしたので、もちろんかっこよくて好きなんですけど、身近にいたらやっぱり怖い・・・みたいな。

オープニングはホントに引き込まれました。観終わった後も、オープニングだけ繰り返し観ていました(^^)
あのドロドロつやつやした映像は観れば見るほど吸い込まれますねぇ~。フィンチャー節炸裂でした(笑)

ではでは。
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。