スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『アポカリプト』を観た(ネタバレあり)

o0300044511516635350.jpg
あらすじ: 誇り高き狩猟民族の血を受け継ぐジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は、妻や仲間とともに平和な暮らしを送っていた。ところが、ある日、マヤ帝国の傭兵による襲撃を受け、仲間とともに都会に連れ去られてしまう。そこで彼らを待ち受けていたのは、干ばつを鎮めるためにいけにえを捧げる儀式だった。

『アポカリプト』予告編はこちら




タコ的点数:50点




「マヤ文明崩壊の日の前日譚」という広告だったと思いますが、その辺の知識に詳しくなくともそれなりに楽しめます。
『パッション』の時もしかり、俳優としての彼は好きなんですが、僕と監督メル・ギブソンとは相性が悪いみたいです。

20101008_621760.jpg


巷ではこの映画そこそこ評価されているんですが、僕は合わなかったですね・・・。テーマが宗教がかっていてやはりどこかそこに入り込めない自分もいるということもあり、内田樹さんいわく、メル・ギブソンの映画には他の映画にはない独特のストーリーテリングのリズムがあるそうで、僕はそのリズムに合わないんでしょうね。単純な娯楽映画として観ても楽しめなかったです。
上映時間138分、内、最初の90分は退屈でした。マヤ族のワイルドな生活を再現しているようなのですが、正直、マヤ族にそこまで思い入れのない僕としてはとにかく退屈な時間でしたね・・・。そして、この映画の一番の見どころと言われる、後半からの、ジャングルでの手に汗握る逃走劇なんですが、確かに迫力ある映像ではありますが、最初の退屈な90分を覆すほどの面白さはなかったと思います。

20101008_621761.jpg


ラストシーンは(ここからややネタバレ→)シャマラン監督の『ヴィレッジ』の時と同じ感覚でしたね。それまでのジャングルでの場面を一変させるような衝撃。しかし、よくよく考えてみると「そっか、マヤ文明ってスペインが大陸征服したときに滅びたんだっけ」と思い出すと・・・まぁそういう結末も予想の範疇か・・・と思ってしまいました。
ん~、すごく身勝手なことを言わせてもらえば、アクションシーンをもっと増やして、もっと自然を生かしたアクションがあればもっと面白かったと思うんですけどねぇ・・・。この映画を高評価してる方、ごめんなさい。

20101008_621765.jpg



参考映画

パッション [DVD]パッション [DVD]
(2004/12/23)
ジム・カヴィーゼル、モニカ・ベルッチ 他

商品詳細を見る

『パッション』のレビューはこちら




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。