スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ホステル』を見た(ネタバレあり)

さて、今年も残るところあと二日となりました。観たい映画は観れてますか?「今年観たい映画は今年のうちに」なんて。
今回は、一時話題となった最凶拷問映画「ホステル」です。
hostel.jpg
<ホステル>
あらすじ: アメリカ人大学生のジョッシュ(デレク・リチャードソン)とパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)は、バックパックを背負ってヨーロッパを旅していた。スロバキアのブラティスラバには男が求める快楽を満たしてくれる夢のようなホステルがあると聞いた彼らは、早速途中で仲間になったオリー(エイゾール・グジョンソン)とホステルのある町に向かうが……。



タコ的点数:70点


とにかく残酷拷問描写を売りにしていたこの映画。前情報ではなかなかのグロテスクさで話題になってたんですが、実際観てみると、案外作り物っぽさが出てて、スプラッターが苦手な僕でもまぁまぁ観れました。
残酷描写云々よりも、この映画の設定自体が怖いですね。ただの拷問映画かと思いきや、意外とストーリーがしっかりしててよかったです。
flip_hostel_03.jpg
<ホステル>

被害者はこの上の三人。
「おい、なんでもお姉ちゃんとセックスしまくれるホステルがあるらしいぞ!」
なんてノリで向かった田舎町で殺人ビジネスの被害にあってしまうという。甘い話の裏には罠があるもんです。
前半はお姉ちゃんとエロエロのノーテンキなシーンが続くのですが、中盤から後半にかけて拷問の嵐。個人的にすごいなと思ったのは、この全く違う前半の雰囲気から後半への流れがものすごくスムーズなんです。あんなに楽しそうな空気だったのに、いつのまにか地獄へ放り込まれてしまったような感覚。これは、この監督の腕を見せつけられたような気がします。

hostel-2.jpg
<ホステル>


とにかくこの映画はリアリティに満ちています。
ただの性欲の固まりの主人公達に対して、どす黒い欲望を持った人間達。
現実にあってもおかしくない世界です。だから余計に怖く感じたのでしょう。海外旅行が怖くなりますね。
実際、この監督はタイの殺人サイトを見てそれをもとにこの映画のアイディアが生まれたようで…。
理由なくじわじわと殺される…。 月並みな表現ですが、やっぱり1番怖いものってお化けとか怪物じゃなく人間なんですよ…。

325467view002.jpg
<ホステル>

問題の拷問シーンですが、意外とシンプルでした(笑)もうちょっとひねったシーンがあってもよかったのかなとは思います。それよりも、部屋に並べられた道具の数々・・・「こんなの何に使うんだ!?」って自分の頭で想像してしまった拷問の方がえぐかったです(そこも製作者の狙いか?)。
それでも、あの目玉のシーンはやっぱり「うああああぁぁっ!!」てなりましたけど(さぁ、見たくなってきたでしょ~?(笑))。
















以下、ややネタバレ
















親日家で有名なタランティーノ監督ですが、明らかに日本人じゃない人に日本人の役をさせるのはちょっとどうなのかなぁ・・・と思いましたね。あれ、やっぱりラストで電車のホームに飛び降り自殺させたのも、日本人だからなんでしょうか?(笑)
僕が一番怖かったシーンはラストに現地の子供に追っ手を殺させるシーンです。ためらいなく大人を殺すなんて、どんな環境で育ってたんだ、彼らは・・・。

















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。