スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ゴーストライター』を観た

ghost002.jpg
あらすじ: 元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を、破格の報酬で引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。その仕事の前任者が事故死したこともあり、彼は気乗りがしないままアメリカ東部の島へと向かう。同じころ、イスラム過激派のテロ容疑者に対する拷問への元首相の関与が取り上げられ……。

『ゴーストライター』予告編はこちら




タコ的点数:80点




最近のサスペンス映画って、どうしても、バスルームに鎖でつながれてたり、見知らぬ男女数人がいつの間にか密室に閉じ込められてたり、なにか変った仕掛けをいろいろ考えて、かと思えばバカの一つ覚えみたいにラストのどんでん返しを必死に考えてるような、そんな幼稚なサスペンス映画が目立ちますが・・・。
そろそろ、ぐいぐい引き込まれるような映画らしい正統派のサスペンスが観たいなぁ、って人にはこの映画はオススメです。
なんというか、大人なサスペンスですね。秋の夜長にじっくりと楽しめる上質のサスペンスです。

338140view001.jpg

巷で言われる「ロマン・ポランスキーらしさ」ってのが、僕にはいまいちわからないんです。これをうまく言葉で説明することはできないんですが、なぜか物語にどっぷり引き込まれます。ホントに、ストーリーとしてはそんなに目新しいものではないですし、派手などんでん返しがあるわけでもないんですが、観終わった後の、カタルシスと言いますか観後感と言いますか、名作を堪能したような贅沢な気分になれるんです。ホントに不思議。
個人的に、このロマン・ポランスキー監督とブライアン・デ・パルマ監督の作品ってなぜか同じ印象なんですよね。「ストーリーは普通なんだけど、言葉ではうまく言えない、非常に上質の映画を観たような気にさせられる映画」を作る二人。これが巨匠と言われる監督の技量なんでしょうか?なぜかはわからないんですけど、この二人の映画ってほとんどハズれないんですよね、個人的に。ホントに不思議で素晴らしいです。

338140view003.jpg

世代的に「ピアーズ・プロズナン=ジェームス・ボンド」なんで、ピアーズ・プロズナンの「何か秘密がありそう」感がぬぐえなかったですね(笑)ユアン・マクレガーもいまいち「らしさ」がわからないので、キャスティングに関しては少し不満はあります。
それでも、上質の映画であることは間違いありません。ゆったりとした時間の中で、優雅なサスペンスを楽しんでみるのはいかがでしょうか?

338140view004.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。