スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『(ハル)』を観た

9603hal.jpg
あらすじ:速見昇は“ハル”というハンドル名でパソコン通信の映画フォーラムにアクセスする。仕事も恋もうまくいかず鬱屈していた(ハル)に、励ましのメールを送ってきたのは(ほし)という人物だった。互いの実像をわからないまま二人は次第に本音を伝え合うようになる。やがて、(ほし)の住む盛岡に出張することになった(ハル)はそこで会おうと提案するが……。


『(ハル)』予告編はこちら




タコ的点数:85点




過去に何ども書いたことがあると思いますが、僕は基本的に何か特別なきっかけがない限りラブストーリーは見ないんです。これも、2年前に大学の講義で見た映画でそのとき面白いと感じたので見ました。最近までタイトルが思い出せなくてずっと見れなかったんですが、ふとしたきっかけでタイトルを見つけすぐにツタヤで借りました。
遠い場所にいる二人がパソコン通信によって知り合い惹かれていくお話です。設定が設定なので、この男女が二人同じシーンに移りこむことはほとんどありません。しかし、これでいいのです。これで二人がすぐに「会いたい」なんて言って会って一緒に喫茶店で茶でもしばこうもんならとんだ茶番。低レベルなラブロマンスのドラマと同じです。
ラストシーンを見て「え、これで終わっちゃうの?」と思う人もいるかもしれませんが、これは結果ではなく二人の心が通じ合う過程を見る映画なのです。

c0073737_17163894.jpg

最初は(ほし)が女なのに男のふりをしたり、してもいないセックスの話をしたり嘘だらけのメールのやり取りが続きます。しかし、お互いが惹かれあうごとにその高々メールのやり取りが、まるで無機質なゴシック体の文字に感情が浮かび上がってくるような本音の言葉のやりとりに変わっていくのです。この流れが素晴らしくいいです。文字と音楽だけの映像なのに、役者は何もしていないのに、なぜか食い入るように見てしまいます。
日常会話でも嘘はあるし本音を隠して話すことだってあります。でも、画面に向かって顔も知らない相手にキーボードをたたくだけなら実はそこには口にする以上に本音が込められているのかもしれません。しかもこのメールというもの。過去に自分がどんな言葉を相手に送ったのか後で見直すこともでき、自分自身の感情の変化も見てとれる。この映画はおよそ10年前の作品なのですがが、まだチャットやメールなどのパソコン通信が今ほど盛んでなかった時代によくこれだけのものを表現したなと感心します。

img_1132349_35998560_0.jpg

今でこそ、ネットの掲示板なんかの通信世界を見ると、個人への誹謗中傷が目に余るとんでもない世界になってますよね。この映画は、そんなパソコン通信の良い部分だけを切り取ったように思えます。というか、本来はこの映画みたいに使われるべきですよね、と理想を語りたくなります。
ラブストーリーというにはすこし物足りないかもしれません。これは、言葉だけで人と人がつながっていく過程を示したドラマです。
本当に思いのこもった言葉は人の心を動かすことができる。

20120211205252_02_400.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。