スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『スリーピング ビューティ/禁断の悦び』を観た

20120212_2781428.jpg
あらすじ: 女子大生のルーシー(エミリー・ブラウニング)は、学費を捻出(ねんしゅつ)するためにあらゆるアルバイトを転々としてきた。ある日、彼女は広告で見つけた新しい仕事の面接を受けることになり、クララ(レイチェル・ブレイク)の事務所を訪れる。めでたく合格した彼女は、最初のうちは秘密クラブで下着姿のまま男性たちをもてなすだけだったが……。

「スリーピング ビューティー/禁断の悦び」予告編はこちら




タコ的点数:55点




原案は川端康成の著作「眠れる美女」らしいです。ちなみにタコは未読。
ほんとに借りるのも恥ずかしいジャケットなんですが、予告編での「カンヌ○○作品」っていう言葉を観てどうしても観たくなってしまいました。
作家性を強く重視するカンヌ作品ですから、もう観る前から「ふん!観客なんて関係ねぇ!!俺の作りたい映画を作るからお前ら勝手についてこい!!」っていう映画であるということは覚悟していましたが、久しぶりに難解すぎる映画に出会ったなぁと思いました。

SLEEPINGBEAUTY04.jpg

内容としては、シルバーサービスで働くことになった女子大生が睡眠薬で眠っている間に老人に”なんやかんや”されちゃう、ってお話なんです。おそらく、作品のテーマは「死」だと思われるんですが、どうにもこうにも頭の中でうまくまとめられませんでした。つまり、全くわからなかったんです。終盤にかけて、主人公の女子大生が「自分が寝ている間に何が行われているのか?」ということを知ろうとするんですが、その内容もある程度予想の範囲内でした。それでも、ラストシーンはいかようにも解釈できる奥深さがありました。
ただ、終始静かで退屈な映画だったので、どうしてももう一度観る気にはなれません。要するに、あんまりおもしろくなかったんです(笑)

SLEEPINGBEAUTY02.jpg

それでも、耽美的な鑑賞後感は味わい深いものがあったと思います。女優さんの白い肌も然り、全体的に幻想的な映像美に魅せられて、なんというか、大人のおとぎ話のような映画だったと思います。それでも、やっぱり疲れます。たぶん二度観ることは無いでしょう。一度観て、「あぁ、なんか綺麗な感じの映画だったなぁ」と時折思い出せばいいや、と思うことにしました。
でも、「眠れる美女」を読んだらもう一度観てみようかな?

SLEEPINGBEAUTY01.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。