スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『鍵泥棒のメソッド』を観た

120501180452.jpg
あらすじ: 35歳にして定職もなく、売れない役者稼業にもほとほと嫌気がさした桜井(堺雅人)は自殺にまで失敗してしまう。その後、出掛けた銭湯で見るからに勝ち組男のコンドウ(香川照之)が彼の目の前でひっくり返り、頭を強打したせいで記憶を失ってしまった。桜井は衝動的に彼の荷物をくすねてコンドウに成り済ましたのだが、実はコンドウの職業は殺し屋で……。


「鍵泥棒のメソッド」予告編はこちら




タコ的点数:70点




非常に上品で上質なサスペンスコメディ。脚本の完成度も高く、そこに実力派の堺雅人、香川照之、広末涼子が加わり、ある意味無敵の佳作と言えるんじゃないでしょうか。久しぶりに邦画らしいコメディを観た気がします。

342238view001.jpg

この内田けんじさんという監督。この映画で初めて知ったんですが、どうやらオリジナルの脚本にこだわっており、その脚本力にもかなり定評がある方のようです。
たしかに、小道具や細部にこだわっているなぁと思うところは多々ありましたし、キャラクター設定もしっかりしてます。他にもアドリブっぽいセリフ回しなんかからみて、元・舞台作家さんか、もしくは舞台演劇の好きな人が書くような脚本だなぁと思いました。特に伏線(あくまで後に笑わせるための伏線なんですが)の張り方が秀逸で、オチは思わず声を出して笑ってしまいました。
内田けんじさん、これは他の作品も観てみないとだめですね。注目です。

342238view004.jpg

劇場内は決してお客さんの数は多くはなかったんですが、それでも劇中ところどころで笑い声が起きていました。肩の力を抜いて誰でも気軽に楽しめる良作です。今日から公開だったんですね。ポップコーンムービー、デートムービーに最適なんじゃないでしょうか?

342238view005.jpg





関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

No.676 『鍵泥棒のメソッド』

2012年制作 邦 監督:内田 けんじ ≪キャッチコピー≫ 『入れ替わった人生、大金の行方、そして結婚――その先にはなんと、史上最高に爽快でトキメくラストが待っている!?』 ≪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。