スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『ウインドトーカーズ』を観た

LGD-0040.jpg
あらすじ:1943年、南太平洋ソロモン諸島ガダルカナル。上官の戦死で小隊を指揮することになったエンダーズ伍長だったが、日本軍の猛攻の前に若い兵士たちを次々と失い、自らは負傷しながらも唯一の生き残りとして心と体に深い傷を負い帰還する。責任を感じるエンダーズは一刻も早い復隊を希望する。ようやく復隊が認められたエンダーズに課せられた新たな任務は、“ウインドトーカーズ”と呼ばれたナバホ族の通信兵とペアを組んで護衛し、彼の戦場での安全を確保することだった。しかし、真に必要とされたのは暗号の秘密の死守で、そのためにはいかなる犠牲を厭うなとの極秘指令も含まれていた……。

「ウインドトーカーズ」予告編はこちら




タコ的点数:25点





ベタな戦争アクションものです。
まぁ無難なストーリーなんですけど、見終わった後の疲労感がたまんないです。お話>戦闘>お話>戦闘・・・ってなっていく構成なんですが、戦闘シーンが見ていて疲れる・・・派手な爆破シーンや兵士が撃たれるシーンが後半になると散々見ているので飽きちゃいます。

7fhgdk.jpg

ジョン・ウー監督はこういうドラマチックな脚本の映画はむいてないと僕は思います。90年代の面白かったハリウッドアクション映画、勧善懲悪の悪い奴はいいとこなく死んでいってしまうような娯楽作品を新作では期待したいです。
・・・しかし、相変わらずニコラス・ケイジはいい映画にあたらないですねぇ・・・なのに、この濃い顔をたまに見たくなってしまう・・・不思議な魅力のある人だ・・・(笑)

img6eb7db01zik5zj.jpeg





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。