スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『トウキョウソナタ』を観た(ネタバレあり)

tsn5B15D.jpg
あらすじ:仕事に没頭する毎日を送っている平凡なサラリーマンの佐々木竜平(香川照之)は、ある日突然、長年勤め上げた会社からリストラを宣告されてしまう。一方、世の中に対して懐疑的な心を持っている長男・貴(小柳友)は家族から距離を置くようになり、一家のまとめ役だったはずの妻・恵(小泉今日子)にも異変が起き始めていた。

「トウキョウソナタ」予告編はこちら



タコ的点数:75点




やっぱり、世の中って生きにくい。いやなことがあって失敗があっても、人はあきらめたように見せながらどこか希望をもってあがいて生きています。でも、自分がどれだけのことを受け入れる気持ちでいても社会が、世間が、他人が、それを受け入れない。結局、人は自分の世界の中で自分の目の前のことしか見えてないのです。
人は他人のことなんか見えていない。自分の幸せを求めて生きています。そうしてよく見える自分の目の前の道を後先考えず走り出す。
→ややネタバレ でも、自分のことでいっぱいで周りのことなんか何も見えないのに、散々打ちのめされてドン底まで落ちてしまった時に、安らぎを求めてなぜかふと帰ってしまう「家族」という場所。学校でもなく、会社やご近所でもない、なんの見返りもなくても何も言わずに自分を受け入れてくれる「家族」。「家族」とはそんな場所なのです。

pj_11d7faf73525B15D.jpg

これはかなり好きです。ちょっと転べばコメディになってしまうものを独特の雰囲気でギリギリそうならず、緊迫感のあるものになってます。このなんとも言えない気持ち悪さが僕は好きです。
どうしようもないくらい鬱になってしまいそうな展開でほんとに生きていくのが嫌になっていく中、ラストに安らぎを与えられたことで救われる。重く暗い映画なんだけど見終わる頃にはなんだかほんの少しの感動があってこれが僕らにとってこの生きにくい世の中に大きな希望を与えるようです。

d38cdfa1cc465d67b2e776753706a2955B15D.jpg

小泉今日子さんの優しい母親ぶりが素晴らしいです。この人が「家族」という場所を守る強い柱になっています。この映画でただ一人、何にもとらわれず「お母さん役」として生きることだけをまっすぐに見据えた存在感のある人です。
香川照之さんはあいかわらずうまいですねぇ~。ほんとにこの人の確かな演技力には呑み込まれてしまいます。
ここ最近で見た邦画ではベスト3に入りますね。

A1D8A5C8A5A6A5ADA5E7A5A6A5BDA5CAA5BFA1D9A5B5A5D6201205B15D.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。