スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『嫌われ松子の一生』を観た

94e214aa254bb4450bd82913bb17e24a.jpg
あらすじ:昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになる……。





タコ的点数:70点




『下妻物語』(後日レビュー)の中島哲也監督の作品ですね。「下妻」がいまいちだったんでこれもそんなに期待せずにみたんですが、いやいや面白い!

gmdslh.jpg

カラフルすぎる映像処理やところどころに現れるミュージカル調の演出によってファンタジーであるかのような気にもさせられるのに、実際に語られるストーリーは一人の不幸な女のどろどろの階段落ち劇。この相反するまったく無縁なものの組み合わせ(ある種実験的で挑発的)で見ている側はなんともいたたまれない気持になってしまいます。
ただ素敵な男と恋愛をして幸せになりたいだけなのに不器用で不幸に不幸が重なり松子の人生は転落していく。それでも、松子は幸せを求め歌い続ける。この理想と現実のギャップを見せられて僕らはどうすればいいのだろう?ただ思うことは、強く幸せを願う姿ってのは何よりも強く美しいです。

fjdldjfj.jpg

思ったよりいい映画でした。こういうビジュアルに力を入れた映画って基本的に苦手なんですけど、これは好き。
一応「喜劇」の部類に入るみたいですけど・・・いやいや、笑えませんから・・・ラストなんか泣きそうになりましたよ、僕(笑)
・・・でも一番泣きそうになったのは、中谷美紀と劇団ひとりのキスシーンかなぁ・・・中谷さん好きなのに・・・死ね、ひとり・・・(笑)

1002292.jpg


参考映画

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
(2004/11/26)
深田恭子、土屋アンナ 他

商品詳細を見る





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。