スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロ度レビュー「SAW2」編(ネタバレあり)

グロ度レビュー詳細はこちら



前回のグロ度レビューに引き続き今回も「SAW」シリーズ、今回は第二弾「SAW2」です。
あくまでこれは「観たいけど見る勇気が出ない・・・」という人に的をしぼった記事なので、あしからず。

b47b26250193dc79950b6e63a5fdf824.jpg

「SAW」シリーズファンの中ではこの第二弾までが比較的評価されてます。というのも、この映画の脚本自体、もともと全く別の映画を想定して書かれたものらしく、この脚本の出来の良さから急きょ「SAW」の続編として企画されたらしいです。なので、サスペンス作品としても十分楽しめますし、グロ度も後のシリーズと比べて控えめです。

とはいえ、やはり一作目と比べると激しさを増した描写になってることは間違いありません。
まずは、しょっぱなからかなりドキドキするシーンです。顔面に取り付けられた鉄の処女(内側がトゲトゲになってる)を解除するために瞼の中に埋め込まれた鍵を自ら瞼をメスで切って取り出さなければならない、というゲームに参加させられる被害者。
このシーンは、タコ的にも「SAW」シリーズの中で最もハラハラさせられたシーンの一つなのです。目とメスのアップの画が非常に怖い!!しかし、このシーンでは直接的な映像はありません。なのに、背筋が凍るほど震えた覚えがあります。おそらく「SAW」シリーズのファンはこういうハラハラ感を期待していたのではないのでしょうか。とにかく人体破壊をしまくるのではなく、ある意味、このシーンのような品のあるスリルを求めていたのではないでしょうか。

saw2_m.jpg

とにかく、「SAW2」はこのしょっぱなのシーンのように、グロテスクな映像ではなく、想像力で怖がらせるということに特化していたのではないかと個人的には思うのです。ただの残酷描写ではない、品のあるスリラーだったと思っています。
シリーズの中でも話題の一つにあがる注射器の海に放り込まれるシーンも、やっぱり「痛い痛い!!」って想像しちゃうぐらいのおぞましさではありますが、なんてことはない出てきてみればオモチャみたいな注射器が放り込まれた人の体にくっついてるぐらいにしか映像としては写されません。でも、文章で書けばこうなっちゃいますが、実際観てみると、危機迫る女優さんの演技と演出で本当に恐ろしいシーンとなってます。決して、下品なグロテスク映像ではないんですが、そのハラハラ感は「SAW」シリーズの中でも5本の指に入る名シーンでしょう。

saw2pubk.jpg

あとは、階段の底が抜けて足砕かれたり、生きたまま焼かれたり、脳天拳銃でぶち抜かれたり、ガラスの箱に腕突っ込んで抜けない!!抜こうとしたら刃物で手を切られちゃう!!(これをどう説明すればいいのかわかんないんです(笑))だったり、考えるだけでおぞましい出来事が作中起こるんですが・・・いずれも観れないものではないと思うんですよね。普通にアクション映画やサスペンス映画で、刺されたり殴られて骨折られたりするシーンが観れる人にとっては、大丈夫な領域だと思います。

saw2pubb.jpg


総評(最大 10)
「骨折」度:4(音だけ生々しい)
「先端恐怖」度:8(メスだったり、注射器だったり想像力で痛くなるような演出は秀逸)
「生々しい傷」度:5(頭ぶち抜かれたり、首の皮を切り取ったりする描写は意外と怖い)
「直接的映像」度:3(この点は控えめ。それでも目を背けたくなる演出は素敵)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。