スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『チェンジリング』を観た

20090730_937038.gif
あらすじ:1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。





タコ的点数:70点





非常に良かったです。淡々としていて盛り上がりに欠けると思われるかもしれないですが、そこがいい。
いろいろな展開を見せるストーリーなのにダイナミックな演出があるわけでもなく、とにかく冷静に物語が進んでいきます。ただただ、一人の母親に起こる出来事を語っていくだけ。サスペンスにもならずまたお涙頂戴の安っぽいドラマにもならず全く軸がぶれない。事実を基に作られた映画らしいですが、ここまでこの大きな出来事を冷静に語ることのできる監督ってなかなかいないだろうと思います。イーストウッド監督、脱帽です。

332551view001.jpg

個人的にアンジェリーナ・ジョリーはあんまり好きじゃないんです。この人って顔のインパクトがすごいんで、こういう母親役やってもトゥームレイダーやっても「アンジェリーナ・ジョリー」というイメージが変わらないんですよね。
・・・毛の生えたマルコビッチさんを久しぶりに見たのは良かったですけど(笑)

332551view004.jpg

子供を失った母親に巻き起こる理不尽な出来事の数々。どん底まで落とされた母親は、ただ息子に会いたいという気持ちでまっすぐと前を向いて進んでいきます。静かに内に秘めた芯の通った何にも負けない強さは、運命を変え、人々の心を動かし、やがて自分の中に希望を生み出したのです。
真の強さとは何か・・・この事実を通してイーストウッド監督はそんなことを観客に考えさせたかったんじゃないでしょうか。

332551view005.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。