スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『カノン』を見た

面白い映画はないか?と人に聞かれ、この映画をおすすめするか?と聞かれたら、NOと答える。でも、こんな映画が存在しててもいいのか?と聞かれたら、自信を持ってYESと答える。そんな映画です(わからん)。

4988103630255.jpg

タコ的点数:75点


コアな映画ファンの間ではおなじみとなってる変態映画監督ギャスパー・ノエの2作目。数か月前に見た「カルネ」の続編です。
なんでも、ギャスパー・ノエとかいうえげつない作品を撮る監督がいると聞いてずっと気にはなっていたんです。廃盤となってる「カルネ」はあるルートで鑑賞したんですが、40分ほどの小作品なんだけども、それでも時間以上の衝撃を味わいました。冒頭からバン!という大きな音とともに出される、「心臓の悪い方やモラルに反することを嫌う人は今すぐ劇場から出て行ってください」という(細かくは覚えてないけどたしかこんな感じの)テロップ。その後の映像はたしかに人によってはトラウマものでしょうね(笑)
技巧に凝りすぎてる感はありますけど、面白かったです。

carne.jpg
<カルネ>

どーん。ギャスパー・ノエは、こんなおじさん。
N0026838_l.jpg

まぁ、なんというか、ハネケおじさんといいフランソワ・オゾンといいギャスパー・ノエといい、ヨーロッパの映画作家の作品は感性に直接訴えかけてくる映画が多いですね。それだけに、邦画やハリウッド映画にはない衝撃があり良くも悪くも記憶に残る作品ばかりで楽しめます。

んで、「カノン」について。
ストーリーは延々堕ちたおじさんの愚痴のモノローグが続きます(「俺はチンコだ!」とか「金持ちはみんな死ねばいい」とか)。序盤の妊婦を殴りまくるシーンはえぐかったけど・・・。
とにかくこのおじさんの情けないこと。誰かに会うごとにトラブルになり、心の中で散々愚痴るのに実際はなんお行動も起こさない。それでどんどん堕落していったラストシーンはもう笑うしかないです(笑える人のが少ないかもしれないけど)。
しかし、こんななさけない男の姿なのにどこか他人ごとに思えない不安が感じられるんです。それは社会生物である男として生まれてきた自分にも、どこかこういうところがあるのではないかという恐怖。観客のそんな感情をざっくりと抉り出してくる、強烈な映画でした。
ハネケおじさん同様、ギャスパー・ノエもクセになる人にはクセになる映画監督ですね。
SeulcontreTous.jpg
<カノン>


冒頭でも言った通り、決して人にすすめられるような映画ではないです。気になる人は勝手に見ればいいと思います。ただし、強烈に記憶に残る作品になることは保障しますよ。
余談だけど、ラスト間近で「映画館を出るなら今から30秒以内に」ってテロップの後のカウントダウンでは心拍数が上がったなぁ~。なかなかの衝撃的な映像でした(さぁ~、見たくなったでしょ~?(笑))


参考映画


カルネ [DVD]カルネ [DVD]
(2000/08/25)
フィリップ・ナオン、ブランディーヌ・ルノワール 他

商品詳細を見る



カノン [DVD]カノン [DVD]
(2001/06/22)
フィリップ・ナオン、ブランダン・ルノワール 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。