スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『マチェーテ・キルズ』を観た

machete.jpg
あらすじ:アメリカ大統領(カルロス・エステベス)から、メキシコの極悪人マッドマン(デミアン・ビチル)を倒すよう依頼された元捜査官マチェーテ(ダニー・トレホ)。しかし、マッドマンは多重人格者である上に、停止すると同時にワシントンをターゲットにしたミサイルが発射されるという恐ろしい連動機能を備えた心臓の持ち主であった。それを解除できるのは、世界一の武器商人として悪名をとどろかせているヴォズ(メル・ギブソン)のみ。だが、彼も宇宙からの地球総攻撃というとんでもない計画を進めていた。




タコ的点数:75点




もう、アホ映画の極みですね(笑)
前作以上にぶっ飛んでて、何も考えずに笑えるこの作品。好みはハッキリと分かれるでしょうが、ストーリーとかそういうのにこだわる人や、頭の固い人には一切オススメできない作品です(笑)

347210view002.jpg

もう、ストーリー自体に脈絡がないわ、「後から考えて付け足しただろ!」と思うようなストーリーが展開されるわ、誰にも共感できないうえに、なんでこんなことになってんの!?っていつの間にかお話がすごい展開になってたりと・・・たぶん、観た人の8割以上が観終わって10分経てばほぼストーリーを忘れちゃうだろうなって感じの映画です。
とにかく、観ているその一瞬一瞬が面白い!ほとんど印象に残らないのに、これだけ満足できる映画も珍しいですね(笑)

347210view004.jpg

ちょっとネタバレになるかもしれないんですけど、これ何やら続編がありそうな雰囲気で映画が終わるんですよ。ただ、絶対続編作って欲しくないですね(笑)この終わり方で続編を作らないのが、この映画を究極のアホ映画として完成させる重要なファクターになってるはずなんですよ・・・絶対続編は作らないでください!!(笑)

347210view007.jpg





スポンサーサイト

私は『フライト・ゲーム』を観た

img_022.jpg
あらすじ:ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。




タコ的点数:70点




原題が「NON-STOP」だそうです(う~ん、センスの無い邦題!!(笑))。その原題の通り、次々と展開が変わり、まさに息つく暇を与えないノンストップな107分。いやぁ~こういうベタなサスペンスアクションって、昔よく木曜洋画劇場とか金曜ロードショーとかで観た覚えがありますね~。テレビでそういうの観るのが好きな人なら間違いなく楽しめる映画です。

348415_003.jpg

もちろん、物語自体は突っ込みどころ満載で、粗探ししようと思えばいくらでもできる内容だとは思うんですけど、そんなのは問題じゃないです。次々に主人公が窮地に立たされて、そのたびに切り抜ける!ムービーヒーローの典型ですよね。これ、結構前に劇場に観に行ったんですが、こういう映画はでっかい画面で観たほうがやっぱ面白いですね。

images_20141118213355106.jpg

そういえば、リーアム・ニーソンさんって最近こういうアクションサスペンス的な映画によく出てる気がしますね。『アンノウン』とか『96時間』とか・・・あまり食指が動かなかったんですけど、こういうリーアム・ニーソンもカッコいいな、ってことでいろいろ観てみようと思います(笑)

1011932_02.jpg





私は『マイアミ・バイス』を観た

51Z3MBG0R5L.jpg
あらすじ: 合衆国司法機関の極秘情報がドラッグ密輸コネクションに漏洩(ろうえい)する事態が発生。それを受け、マイアミ警察特捜課(バイス)の刑事コンビ、ソニー・クロケット(コリン・ファレル)とリカルド・タブス(ジェイミー・フォックス)は南米に飛び現地の犯罪組織と接触し、情報が漏れた原因を見つけ出す任務を任された。




タコ的点数:30点




「HEAT」とかで大好きな、男臭い映画を撮らせたら右に出る者はいない(と、個人的に思っている(笑))監督、マイケル・マン監督のテレビシリーズの再映画化の作品だそうで。
ジャケットからして、いかにも男臭いバディムービーかと思ったんですが・・・ん~あんまり「カッコいい!!」という感情には至らず(笑)

324932view009.jpg

というのも、イマイチ登場人物がどちらも魅力的ではないんですよね・・・。
いかにも、ワイルドでデキそうな喋り方と風貌なんですが、なんか実際にやってることがしょぼいというか・・・。案外考え無しに感情だけでワーワーわめいたり、片方は簡単に女と恋に落ちちゃうし、ラストでは「え~!!甘い!!甘すぎる!!」と思わせる行動に出ちゃったり・・・ん~あんまり憧れる男性像の二人では無かったかなぁ・・・。わざとそういう情けない男たちのお話にしてるのかもしれないんですけど、僕が期待していたようなマイケル・マン映画では無かったですねぇ・・・。

324932view012.jpg

実は、このレビュー書くころには、この映画観てからだいぶ時間が経ってるんですが・・・映像もストーリーもほとんど印象にないんですよね(笑)
まぁ、あんまり僕の琴線に触れる映画では無かったんでしょうね(笑)

324932view019.jpg







テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『ジャッキー・コーガン』を観た

13042600.jpg
あらすじ:「優しく殺す」をモットーにする殺し屋ジャッキー・コーガン(ブラッド・ピット)は、ドライバーと呼ばれるエージェント(リチャード・ジェンキンス)から賭博場強盗の黒幕を捜す依頼を受ける。彼は前科のあるマーキー(レイ・リオッタ)を捜し出したものの、強盗を仕組んだのは別の悪党3人組であることが判明。さまざまな思惑が複雑に絡み合う中、ジャッキーは事件に関わった者を皆殺しにすることを決める。




タコ的点数:40点




予告編やポスタージャケットのイメージからなんとなくハードボイルドなクライムアクションかと思っていましたが、実際にはかなりイメージと違った暗い映画でした。地味で会話シーンも多く、この映画を観ようと思っていた人が期待する余蘊映画では無いのかもしれません・・・。

1304261.jpg

というのも、この映画多い会話シーンの中で、2008年の金融危機のニュースやら大統領選の演説といった要素が絡んでくることが多く、観ているうちにこの映画は現代アメリカの社会を風刺する映画なのだということに気づかされるのです。
アメリカの現状にそこそこ詳しくないと真の面白みは感じられないのかもしれませんね・・・。

316558dd9045aaa0fb4d49eb6a7690fd.jpg

時折、「おっ」と思わせる生粋な演出を見せられることはあるのですが、なんといってもとにかく会話シーンが長い!!
エンタメを期待して観ると残念な映画化もしれませんね(笑)

1304262.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『デス・レース』を観た

img_290460_2945835_0.jpg
あらすじ:孤島の刑務所で繰り広げられる過激な死のレース「デス・レース」を放映し、人気番組となっている近未来のアメリカ。殺人の濡れ衣を着せられたジャンセン(ジェイソン・ステイサム)は刑務所の所長ヘネシー(ジョアン・アレン)からレース出場を迫られ、美人ナビゲーターのケース(ナタリー・マルティネス)を乗せレースに参加する。





タコ的点数:75点




個人的には、あんまりカーアクションって好みではないんですよね。
でも、なんでしょうか・・・いろいろ武器を搭載した車が攻撃し合って殺しあって、レースを競うって・・・この男の子心くすぐる映画・・・(笑)
改造車に美女乗せて、ライバルと競い合う・・・いやぁ、あんまりにもありがち過ぎて何も期待しなかった分逆に楽しめましたね(笑)

331508view005.jpg

物語のほとんどが車レースになっちゃうのかと思いきや、ところどころでジェイソン・ステイサムの殴りあいも見れたので、だらだらせず映画そのもののスピード感もあり、まぁ飽きずに楽しめましたね~。
何も考えずに楽しむにはなかなか良い作品です。

・・・うん、特に書くことも無し(笑)
多少グロイの大丈夫ならだれでも楽しめると思いますよ。

331508view004.jpg
331508view001.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『コンスタンティン』を観た

constantine_20131207201500e5f.jpg
あらすじ:かつて2分間だけ自殺に成功したことで、天国行きを閉ざされたジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなるが……。




タコ的点数:60点




そういえば、この作品ってキアヌ・リーブスが『マトリックス』で一躍話題になってから間もないころに公開された作品で、なんとなぁく”斬新な映像世界で戦うキアヌ映画”の二番煎じ的な感じがしてあんまり観る気がしなかったんですよね(笑)
でも、いざ期間をおいて鑑賞して観れば、思ってた以上に楽しかったですね。映像表現だけなら『マトリックス』より面白いんじゃないでしょうか?

constantine1_20131207201501b7e.jpg

それにしても、この主人公が”タバコの吸い過ぎであと一年の寿命”っていう設定なのが結構好きでしたね。悪魔祓いができるほどすごい能力の持ち主なのに、そんな人間らしい死に方をしちゃうんですから(笑)
とんでもない超人的能力を持っってるわけではない主人公、そもそもはただの人間、というキャラクターがまたダークヒーローとしての絶妙な魅力につながりますよね。キャラクター作りは結構僕好みでした。

constantine2_20131207201503bdc.jpg

ただ、なんとなく思ったのが、いろんな映画で地獄や天国って映像表現されますけど、”地獄”を映像で表現すると監督さんによって個性が出るのに、”天国”ってなんかどの人も同じような映像になっちゃうんですよね。
やっぱり、人間だれしも恐ろしいものに対する想像力の方が勝ってしまうんでしょうか??
なぁんてことを思ったりして・・・。

constantine3_20131207201504b0f.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『メカニック』を観た

images_20131110232020037.jpg
あらすじ:完ぺきな仕事ぶりから“メカニック”と呼ばれる殺し屋のアーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)に、友人であり恩人の暗殺命令が下る。とまどいつつも任務を遂行したアーサーは、自分が殺した標的の息子スティーブ(ベン・フォスター)と知り合う。やがてアーサーはスティーブを助手に迎え、殺しのテクニックをたたき込んでいくが……。




タコ的点数:55点




はい、一言・・・。
ほぼ、トランスポーターです(笑)

sub1_large (1)

いやぁ~、やっぱりジェイソン・ステイサムは寡黙な戦闘マシーンっていう役柄がはまり役ですよね。
ただ、残念だったのはジェイソン・ステイサムよりも相棒役のベン・フォスターのアクションの方が多めだったってところですかね。正直、このベン・フォスターって方今まで一度も観たことない方だったので・・・(笑)
まぁ、無難なアクション映画としては及第点じゃないですかね?

sub2_large (1)





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観た

poster_kingdomofthecrystalskull.jpg

あらすじ: 1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、相棒の若者マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)とともに再び冒険の旅へと出る。しかし、インディたちの前に、秘宝を付け狙うロシア軍が立ちはだかり……。




タコ的点数:75点




意外と巷の評価が低いみたいなんですが・・・十分面白いですよ!
懐かしさすら感じさせるような奇想天外で笑えるアクションから、インディシリーズではおなじみのエグイ虫の大群とか、雰囲気GOODな古代遺跡から、めちゃ強い原始人まで(笑)とにかく、シリーズ好きなら、「キタキタ!!」と興奮するような映像の数々なんじゃないでしょうか?
しかも、映像技術もアップしてるので、ホントにシリーズ通して一番ワクワクする冒険活劇!!
シリーズ最高傑作!!とまでは言わないにしても、これまでのシリーズに恥じない最新作となっているでしょう。

329623view001.jpg

まぁ、娯楽映画としては90点ぐらいつけたいんですが、全シリーズ観てきた立場としてはいくつか減点したい部分がありますね・・・(どないやねん)
まず、鞭アクションが結構少なかったこと。インディジョーンズの醍醐味の一つとして鞭を使ったアクションが醍醐味なのは自明のことですが、この作品だとあんまり見せてもらえなかったですね・・・。
あと、第1作目のヒロイン、カレン・アレンが出てたんですが、ちょっとおばさんすぎたこと(笑)・・・もうちょっと、しぼってほしかったな・・・。
あと、インディジョーンズシリーズに無くてはならない若いヒロインがいなかったこと。おっさん3人と男とおばさんの冒険って・・・あんまり観てても楽しくないですよね・・・(笑)

329623view003.jpg

とまぁ、いろいろ文句はつけちゃいましたが、面白い作品であることは間違いなしです。
とはいえ、インディジョーンズのコアなファンだと、やっぱり幻滅しちゃう内容なのかなぁ?う~ん。

329623view005.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『デスペラード』を観た

img_630064_24183626_0.jpg
あらすじ:かつて恋人を殺され、自らも掌を撃たれギター弾きとしての道を閉ざされたマリアッチ。ギターケースに武器を詰め、仇であるギャングのボスのブチョを捜し求める。国境の町のブチョが経営する酒場で壮絶な撃ち合いの末、生き残るマリアッチだが、通りすがりの女性を庇って追っ手に撃たれる。その女性キャロリーナは怪我をしたマリアッチを自分の店に匿う。束の間、愛を交わすマリアッチとキャロリーナだったが、ブチョの手下がそこまで迫っていた……。




タコ的点数:70点




クエンティン・タランティーノと肩を並べるほどの映画オタクで、同じようにバイオレンスを撮らせればかっこよくも面白い作品を創り上げてしまう、ロバート・ロドリゲス監督の作品ですね。
前々から、気にはなってたんですが、なぜかあとまわし後回しになっててなかなk手にとらなかった今作。満を持して借りてきました。
う~ん、よくも悪くも期待通りの面白さ!!

27730view004.jpg

まぁ、過去の因縁を晴らすために悪党に復讐をする男のお話という・・・まさにB級映画好きが描きそうなわかりやすいストーリーでホントに気軽に楽しめます。こういうタイプの作品に対してストーリーについてとやかく言うのも面白くないので、やっぱり何も考えずに楽しむのが一番だと思います!!

気に入った点は2点。
まずは、アントニオ・バンデラス演じる主人公・マリアッチがそんなに強そうじゃない、ってところ。
始まりこそ、とんでもない腕を持った殺し屋、みたいな感じで登場するんですが・・・いざ、酒場で大勢と撃ちあいになったとき・・・とにかく、危なっかしいんです。冷静沈着にかつ確実に敵を仕留めていく、というよりも、がむしゃらに撃ちまくって力技で戦っちゃうあたり(笑)
なんとなく、無敵のスーパーヒーローじゃなくて一人の哀しい男として好感もてるキャラクターでした。カッコいい!!

27730view005.jpg

そして、もうひとつはロドリゲス監督が武器としてギターケースに目を付けた、ってところですね。個人的にガットギターをやっていたこともあって、あのフラメンコギターのケースから武器が出てきたり、ロケットやマシンガンが仕込んでいるところなど、武器の渋さにカッコよさを感じました。
う~ん、やっぱりタラちゃんにしてもロドちゃんにしても、男がカッコいい!!って思うものをよく知ってるなぁ~って思いますね。

ちなみに、この作品『マリアッチ』3部作の2作目だそうですが、1作目の『エル・マリアッチ』のセルフリメイクということらしいので、まぁ気にせずに観ました。
3作目は、ジョニデが出てる『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』に続くわけですね。う~ん、こっちも楽しみ!!

27730view001.jpg





私は『ヒストリー・オブ・バイオレンス』を観た

562_large.jpg
あらすじ:アメリカの田舎町でダイナーを経営するトム(ヴィゴ・モーテンセン)は、自分の店に押し入った強盗を倒し、人々の命を救う。その勇敢な行動がマスメディアに取り上げられたことで、トムの見覚えのない人物カール(エド・ハリス)が店にやってきてトムを脅しはじめる。




タコ的点数:65点




さて、ちょっとデヴィッド・クローネンバーグにハマりつつあるタコです。以前『コズモポリス』『アンチヴァイラル』の二本立てを劇場で観てきました。それ以来、『もうちょっと、クローネンバーグ観てみようかなぁ』とか思って、クローネンバーグ作品をいろいろあさってみようかと思います(笑)
さて、今回のこの『ヒストリー・オブ・バイオレンス』。巷では割と評判良かったので観てみたんですが・・・う~ん、個人的にはちょっと物足りなかったように思います。もうちょっと、じっくりと描かれた重厚な作品かと思いきや、96分という割と短めの作品だったんですね。それだけに、少しライトな映画に感じてしまいました。
内容が内容なんで、もうちょっとだらだらと長くやってくれても個人的には良かったんですけどね(笑)

322922view009.jpg

愛と暴力のはざまを生きる男、というのが物語の軸になっているわけですが、ビックリするほど丁寧に描かれる暴力シーンとSEXシーン(笑)監督の「テーマはここだよ!!」というのがありありと見えてくるので、その辺は僕は結構好感もてました(笑)
物語は、飲食店を営んでいる普通の男の店に強盗がきまして、この主人公の男、手慣れた感じでその強盗を殺しちゃうんですね。一躍、街のヒーローのなるものの「この男、ホントに普通の男なのか?」とだんだん疑いたくなってくるんです。
・・・とはいえ、そのあたりはあんまり謎解き的な感じではなくあっさりとしちゃってるんですよね~(笑)

322922view014.jpg

ん~、最初にも書いた通り、ちょっと内容に対してあっさりしすぎかな?というのが一番の感想です。ラストの終わり方も、映画全体があっさりしてたので、なんとなく尻切れトンボみたいな感じでしたし・・・。


余談ですけど、奥さん役の人、途中までナオミ・ワッツかと思ってました・・・似てますよねぇ?(笑)

322922view016.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。