スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が一目ぼれした女優 2 : パトリシア・アークエット

ニコラス・ケイジの最初の奥さんですね。パトリシア・アークエットです。
パトリシア・アークエット
ご覧の通り、既になかなかのおばさんなんです(失礼)。はっきり言って最近の彼女の出てる映画自体、個人的に当たりなものはないんです。でも、若いころの彼女はかなりかわいいです。


まず、初めて彼女を見たのは「トゥルー・ロマンス」です。これを見てアラバマの虜になった人も多いんじゃないんでしょうか?
トゥルーロマンス
<トゥルー・ロマンス>

どれだけぼろぼろに傷ついても愛するクラレンスを守る、健気で愛にまっすぐなアラバマの姿はホントにキュートで、
あぁ、クリスチャン・スレーターがうらやましかった。
彼女の出演した作品はいくつか見ましたが、この「トゥルー・ロマンス」が素晴らしすぎて『パトリシア・アークエット=アラバマ』というのが頭からぬぐえません。彼女の一番のはまり役だったことは間違いないでしょう。

そして、もう一つかわいかったのは彼女が19歳の時に主演となった「エルム街の悪夢3 惨劇の館」です。
エルム街の悪夢 惨劇の館
<エルム街の悪夢3 惨劇の館>

パトリシア・アークエットは左下画面の右側の女の子。どうやらこれが映画デビュー作なのでしょうか?とにかく、この時の彼女もかなりキュートです。




彼女の何が良いのか?それは笑顔の時に見える悪女っぽい八重歯なんですよね。いい画像が見つからなかったんで、ここに載せられず残念なんですが。
である著者にとってそのっぽい笑顔がたまらなくいいんです(!?)。
ぜひ、下の参考映画を見て、その笑顔を見てほしいです。


参考映画

トゥルー・ロマンス [DVD]トゥルー・ロマンス [DVD]
(2002/09/27)
クリスチャン・スレイター、パトリシア・アークエット 他

商品詳細を見る


エルム街の悪夢3~惨劇の館~ [DVD]エルム街の悪夢3~惨劇の館~ [DVD]
(1998/09/25)
ロバート・イングランド

商品詳細を見る


スポンサーサイト

私が一目ぼれした女優 1 : ゾーイ・デシャネル

作品によって「ゾーイ・デシャネル」と表記されたり、「ズーイー・デシャネル」と表記されたり・・・。
名前はJ・D・サリンジャーの著作『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey)の登場人物「ゾーイー」に由来するそうなんで、カタカナ表記では「ゾーイ」の方が正しいのかも。
ゾーイ・デシャネル

初めて見たのはジム・キャリー主演の「イエスマン "YES"は人生のパスワード」という映画。
ジム・キャリー映画のヒロインってどの映画でも結構きれいな人多いんですが・・・
この人、ほんとに反則だと思うぐらいにかわいいんです。
青い目が印象的で、結構日本人好みの顔してるような気がします。ほんと「イエスマン」に関しては内容がところどころ頭に入らないぐらい目を奪われてました。そんな経験生まれて初めてです(笑)
イエスマン
<イエスマン "YES"は人生のパスワード>

実はシャマラン監督の「ハプニング」にも出てたんですよね。見たのは「イエスマン」より先のはずなのに、その時はあんまり印象に残らなかったんです。それだけ、「イエスマン」での彼女の輝き方は半端じゃなかったのです。
ハプニング
<ハプニング>


お父さんは有名なカメラマンで、お母さんとお姉さんはどちらも女優さん。根っからの映画家族の人なわけですね。順調にキャリアを積んで大女優になってくれるように応援したいです。
単純なヒロインを演じさせたら彼女ほどキュートな女性はいないんじゃないかと思います。彼女の出ている映画はまだそんなに見ていないので、彼女目当てでいろいろ見てみたいです。


参考映画

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル 他

商品詳細を見る


ハプニング (特別編) [DVD]ハプニング (特別編) [DVD]
(2009/01/09)
マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル 他

商品詳細を見る
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。