スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 ベスト10

大晦日です!
みなさま、今年にやり残したことはないですか?
僕は、今年は仕事の関係でなかなか映画を見る機会も少なく、ブログもサボり気味でした…。
来年の目標は…映画を100本見る!
に決まりました(笑)

はい、それでは2014年のタコ的ベスト10の紹介です。
毎年言ってるんですが、あくまでタコが2014年にみた映画の中から選んでいるので、公開時期とかはハッキリ言ってバラバラです。


第10位
アメリカン・パイ
20141231155228bba.jpg

わりと有名な映画なのになんで今まで観てなかったんだろう?って作品でした。
メチャメチャ笑いました。




第9位
海の上のピアニスト
20141231155602e74.jpg

これも人に勧められてやっと見た作品ですね。
とにかく劇中の音楽がツボでした。




第8位
アナと雪の女王
201412311600082a4.jpg

ん〜、ディズニー映画だとなめてかかって観に行ったら思いの外良かったです。
もう今年あちこちで聞いた「れりごー」はもちろんのこと、いい意味でディズニーらしくない脚本の締め方も良かったです。




第7位
グランド・ブタペスト・ホテル
20141231160403200.jpg

とにかく面白い映画です。面白い以外に言葉が思いつかないぐらいに独創的な世界観と脚本を備えた新感覚のエンタメ映画です。




第6位
エターナル・サンシャイン
20141231160739d97.jpg

今思い返してもすごく凝った作りをしている映画でありながら、すごくストレートなロマンチックさを持った作品だったと思います。




第5位
ロスト・イン・トランスレーション
201412311610557db.jpg

なんか今年は恋愛映画の当たり年だったような気がします。トウキョウという怪しげな街に現れた大人の恋。




第4位
リービング・ラスベガス
20141231161400e38.jpg

これもかなり心に残った恋愛映画です。こんなに深く誰かを愛せる自身はありません、ってぐらい重く深い愛のものがたりでした。




第3位
凶悪
20141231161748a4a.jpg

今年唯一トップ10入りした邦画です。こんなに挑発的な映画を邦画でどんどん撮って欲しいですよね!




第2位
告発
20141231162132199.jpg

これは泣きました。アルカトラズ刑務所の真実もさることながら、2人のおとこの熱い友情に涙!




第1位
ショート・ターム
201412311506069dd.jpg


最後の最後に出会ったこの作品。ちょっと鬱になっていたときに観たこともあってか、本当に心からみて良かったと思える作品でした。










以上、2014年の映画ベスト10でした。
来年はホントにもっとたくさん観たいです。

それではみなさん、よいお年を。



スポンサーサイト

2013年 ベスト10作品とワースト5作品

本日は大晦日ですね。
う~ん、今年は新生活の始まりということもあって、思ってたように映画を観ることはできなかったと思います・・・。
来年は、今年の倍ぐらいは観たいですね~。

さて、今年の締めの記事といたしまして、2012年のマイベスト映画とワースト映画を挙げていこうかと思います。
あくまでここで紹介するのは”タコが今年観た映画”の中から選んだものなので、今年公開の映画ではないことを言っておきます(笑)



では、まずベスト10から・・・
※タイトルと記事がリンクしています



第10位
紀子の食卓
20121005_35852_2013123111125756c.jpg

さて、個人的には園子温監督最高傑作だと思ってるこの作品。
とにかくセリフの多い作品なので、元気のある時にぜひご鑑賞を(笑)




第9位
パリ猫、ディノの夜
cinema1304141630_20131231111540e98.jpg


完全に子供向けのアニメなんですけどね。それでも、なんか印象深かったこの作品。
フランスのこどもたちは幼いころからこんなシャレたアニメを見てるんですね(笑)




第8位
私が、生きる肌
d5f9c891ef4437cab9133de80c80311e_2013123111184247f.jpg

とにかくそのストーリーの異常さにビックリ。そして、この原作を映像化してしまった監督にもビックリ。
変態性満載の(!?)度肝を抜かれた映画です。




第7位
脳内ニューヨーク
no_20131231112134509.jpg

未だにこの映画をうまく言葉で表すことができないんですけどね・・・。
でもなぜかおおまかに「人生」を考えさせられた一作。




第6位
ビル・カニンガム&ニューヨーク
poster_201312311124232ba.jpg

羨ましいですね~ただ一つ好きなことがあってただそれだけを見つめて生きていくおじいさんの姿。
観ていてとてもほっこりさせられました。ステキ爺さん!!




第5位
パーフェクト・センス
perfect-sense-plakat_article_zoom_201312311126490b0.jpg

鑑賞後の、恐怖感とも感動ともいえない、あの味わったことのない感情はいまだに忘れられません。
今年では一番鑑賞後にひきずってしまった作品でしたね・・・。




第4位
空気人形
poster2_201312311129425f2.jpg

これは泣きました!!変態っぽい設定とは裏腹に、ビックリするぐらいピュアな物語で、
柄にもなく大泣きしてしまいましたね(笑)




第3位
家族ゲーム
img_925527_61671940_0_2013123111320031a.jpg

これは面白かったです!!今年はドラマ版もやってたそうなんですけど、観てないんでそうとも言えませんが・・・
この映画は最高!!
ダウンタウンの松本さんもこの作品が邦画では一番だと、何かで言ってたそうですが、
たしかにNO.1にしてもおかしくないぐらいに面白かったです。




第2位
サプライズ
131106000027-0_201312311135099eb.jpg

映画ファンもそうでない人も、絶対誰でも楽しめること間違いなし!!と叫びたくなるほど興奮したこの作品。
う~ん、ここまでサービス精神満載で、観客を楽しませることに徹した作品は初めてかも知れません。
必見ですね!!




第1位
小さな恋のメロディ
d0148729_23211577_20131231113848b70.jpg

結構有名な映画なのに・・・なんで今まで観てなかったんだ!!!って思わず叫びたくなった作品。
文句なしの名作ですよね~。






さて、続いてワースト5.

キラー・インサイド・ミー

地味な弟アフレックも怖くなくて、ジェシカ・アルバもそんなにエロくなくて・・・う~ん(笑)



NEXT -ネクスト-

最後まで観て、まさに「時間の無駄」という言葉がぴったりな作品。
一度観てもらえばこの言葉の意味がわかってもらえるかと(笑)



アウェイク

なんでしょうか?去年はアマンダ・セイフライド、今年は全くジェシカ・アルバにハマんなかった年でしたねぇ~。



エグザム

シチュエーションスリラーって意外と面白いの多かったりするんですけど・・・
この作品に関しては、ちょっと仕掛けが酷かったですね(笑)




エルム街の悪夢(リメイク)

これはフレディ・クルーガーファンは激怒!!!(笑)
こんなのフレディじゃない!!このリメイクはかなりひどかったと思います。




ハイ、というわけで今年のベスト&ワースト映画を紹介させていただきました。
来年はもっとたくさんレビューをあげられるようにしたいですねぇ~。
DVDだけじゃなくて、映画館にも積極的に足を運んでみたいと思います。

それではみなさん、よいお年を(^^)




テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

2012年 ベスト10作品とワースト5作品

今年もあとわずかとなりました。
今年は、かなり暇な時間ができたのでたくさん映画を観ることができました。
個人的な事情で来年は忙しくなると思うので、今年ほどの更新ペースにはならないと思いますが、来年も時間のある限りできるだけたくさん観ようと思っています。

さて、今年の締めの記事といたしまして、2012年のマイベスト映画とワースト映画を挙げていこうかと思います。
あくまでここで紹介するのは”タコが今年観た映画”の中から選んだものなので、今年公開の映画ではないことを言っておきます(笑)
また、ベスト10の順位は決して点数を基につけたものではありません。時間がたって「やっぱりあの映画すごかったなぁ」と思ってたものもあるので、あくまで、今の時点でのタコの順位となってます。・・・まぁ、そんなタコの気持ちなんてどうでもいいか(笑)


では、まずベスト10から・・・
※タイトルと記事がリンクしています

第10位
『4ヶ月、3週と2日』
a0114618_0552628.jpg
男の僕から観ると、強い女性ってなんか魅かれるんですよね。表面的には見えない主人公の女性の強さが印象的でした。


第9位
『(500)日のサマー』
500summer.jpg
これは苦面白い作品でした。男なら過去の恋愛をふと思い出して赤面すること間違いなし(!?)


第8位
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
d0127934_13114117.jpg
これは完全に主演のトーマス・ホーン君にやられました(笑)彼は俳優業を続けるのでしょうか?今後の作品に期待します。


第7位
『灼熱の魂』
a0032559_1171749_20121230210414.jpg
もう今年は面白いの無いかなぁ・・・と思っていたところ、最後の最後に出会った衝撃作。ある母親の壮絶な人生と深い愛。これは必見。


第6位
『冷たい熱帯魚』
1312448989_20121230210658.jpg
この作品で完全に園子温監督の世界に引き込まれました。最高のエログロエンターテイメント!!(笑)


第5位
『ヤング≒アダルト』
nyVIF.jpg
大好きなジェイソン・ライトマン監督の最新作。この映画も期待を裏切らず面白かったです。監督の次の作品が待ち遠しいです。


第4位
『桐島、部活やめるってよ』
903b92124f2169ccdda5606d9a39e7d6_20121230211300.jpg
今年、劇場に観に行った作品の中で唯一のベスト入り(と言っても、今年劇場に観に行ったのは6本だけなんですけど(笑))。今までに観た邦画の中でも異色の作品でした。


第3位
『悪魔を見た』
T0009674p_20121230211530.jpg
これは興奮しました。今勢いのある韓国サスペンスの中でも、これが抜群に面白かったです。『オールドボーイ』のチェ・ミンシクさんがめちゃめちゃ怖くてかっこいいです。


第2位
『鉄男』
img_320537_8773277_01_20121230211913.jpg
唯一無二のサイバーパンク映画。なんとも言葉にしにくい映画なんです。この映画の面白さはホントに観てもらわなきゃわからないと思います。


第1位
『ドリーム・ホーム』
20110418_898912_20121230212221.jpg
1位がこんな映画でごめんなさいね!でも、本来グロとかスプラッタとか苦手なタコが本気で面白い!と思った映画なのです。興味のある人は是非(笑)





続いてワースト5作品の発表。


『赤ずきん』
赤ずきんとほとんど関係ないし、期待してた悪役ゲイリー様もなんかショボキャラでした(笑)

『さや侍』
松本人志さん、せっかく自由に映画を撮れる数少ない日本人なんですから、守りに入らずもっとエキセントリックな映画を作ってほしいなぁ・・・という願いを込めて。

『TIME/タイム』
設定がいろいろと広げられそうなのにもかかわらず、ただのアクションになっちゃってて残念でした。・・・それにしても『赤ずきん』と言い、タコはアマンダ・セイフライドと相性が悪いのでしょうか?(笑)

『ナンバー23』
ん~ジムキャリーさんは好きなのですが、どうも誉めるところが見つからない映画でした・・・。

『ブリッツ』
・・・まぁアクションだと思って借りた僕が悪かったんでしょうけど(笑)それにしてもサスペンスとしてもあまり面白みは感じられませんでしたねぇ~。





はい、というわけで今年の映画鑑賞の総括としてベスト10とワースト5作品を紹介させていただきました。
あくまで、個人的な感想なので、好きな作品がワーストに入ってたり、嫌いな作品がベストに入ってたりするかもしれませんが、その時は・・・ごめんなさい(笑)

では、みなさん、よいお年を。




プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。