スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は『エデンの東』を観た

b1bdbc2fede8e7cf05df29af8b9aa70a.jpg
あらすじ:1917年、カリフォルニア州の小都市サリナス。ここで農場を営むアダムには2人の息子がいた。兄アーロンが真面目で心優しい性格から父に可愛がられる一方、気むずかしく反抗的な弟キャルは父に疎まれていた。アーロンの美しい婚約者エイブラはそんなキャルが気がかりだった。ある日、キャルは父から死んだと聞かされていた母がまだ生きていることを知る。そしてそれが、どうやら近くで酒場を経営するケートらしいと知り、ふしだらな母の血を自分だけが引き継いだのだと一人悩むのだった…。




タコ的点数:90点




かつて、ジェームス・ディーンという二枚目の俳優がいて、あまりにも若く交通事故で亡くなった、ということは知っていましたが、こういう映画の中での彼を観るのは初めてでした。
出演作がたった三本しかなく、その中でもこの『エデンの東』は彼の初主演作だそうです。観ていて感じたように、たしかにただの二枚目ではなく、細かい表情の一つ一つが役の人物の感情を感じさせて、観ていた僕は完全に彼の演技に引き込まれていました。
20世紀最高の役者の一人とも言われているそうですが、たしかにその評判に恥じない、繊細で観る者をひきつける演技力はお見事でした。

2969view011.jpg

ジェームス・ディーンの演技も然り、ストーリー自体も非常に心に残るものでした。
信仰深く、常に「善」として生きることを貫くアダム。そのアダムには二人の息子がいるのですが、兄のアロンは父親似で彼も「善」として生きることに誇りを持っています。一方、主人公である弟のキャルは反抗的で父親からも疎まれていました。キャルが何をやっても、父親アダムや兄アロンは彼の落ち度を指摘し「お前は間違っている」と「悪」のレッテルをはりつけます。
初めこそ、キャルの真意がわからず「暗くて怖いやつだなぁ」と思っていたのですが、物語が進むにつれてキャルの思いや気持ちがわかってくるんです。行動のすべてが、「誰かから愛されたい」というキャルの思いから来るのですが、おそらくキャルは「愛され方がわからない」のでしょう。だから、自分の行動を非難されるたびに、子供のようにイラつき、後先考えずとんでもないことをしでかしたりしてしまうのです。
そういえば、タコも子供ながらに同じようなことを思ったことがあるなぁ、と思いながら観ていました。

2969view020.jpg

もちろん、タコはキャルに「悪」のレッテルをはる父親や兄を非難するつもりなどありません。彼らの立場から見れば、キャルのやることなすことが奇行のように感じられて、しかりつけるのもわかります。
思うに、この家族には決定的に足りないものがあったんですよね。タコは、ラストシーンでそれがいったいなんだったのか感じられたように思います。

2969view016.jpg





スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『シャレード』を観た

img_267391_29647788_2.jpg
あらすじ:スキー場からパリの自宅へ戻ってきたレジーナ(ヘプバーン)を待っていたのは、離婚予定だった夫の死。葬儀の会場には見知らぬ三人の男が現れ、大使館では情報局長(マッソー)から、戦時中に夫が軍資金25万ドルを横領していた事を聞かされる。五里霧中のレジーナはスキー場で知り合ったピーター(グラント)に助けを求めるが、彼もまた三人組の仲間だった……。




タコ的点数:65点




『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』などの作品でおなじみのオードリーヘップバーン主演のサスペンスコメディーです。カラーです(笑)
古きよき時代のアメリカ映画のお手本とでもいいましょうか。雰囲気が良くお洒落な映画です。(洒落ード・・・ハイ、すいません。)

10385view002.jpg

サスペンスなんですが、所々でクスリと笑えるような場面もあり、飽きずに2時間があっというまに過ぎましたね。
嘘に嘘が重なりその嘘も嘘で、全編通して嘘だらけです。どんどんかわる展開も面白いですね。

10385view004.jpg

いやぁ~オードリーが可愛い。この映画のときもう三十代後半かそこらでしたっけ?(詳しくは知らないんですけど)
愛らしい笑顔や哀愁漂う未亡人の雰囲気、劇中明るい色の服を数々着こなすオードリーヘプバーンは妖精のように素敵です。

10385view005.jpg

参考映画

ローマの休日 [DVD]ローマの休日 [DVD]
(2011/02/15)
オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック 他

商品詳細を見る

『ローマの休日』レビューはこちら


ティファニーで朝食を [DVD]ティファニーで朝食を [DVD]
(2006/04/21)
オードリー・ヘプバーン、ジョージ・ペパード 他

商品詳細を見る

『ティファニーで朝食を』レビューはこちら




テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『ローマの休日』を観た

51K0lHTI5xL.jpg
あらすじ:ヨーロッパ最古の王室の王位継承者であるアン王女は、欧州各国を親善旅行で訪れていた。
度重なるハードスケジュールに疲れやストレスが溜まっていた彼女さ鎮静剤を投与されながらもこっそりとローマの街に繰り出すことに。
やがて、薬がきいてきてベンチで寝入ってしまったところへ一人の新聞記者が通りかかる。
彼は彼女が一国の王女であることも知らずに自分のアパートで休ませるのだが…。





タコ的点数:90点




普段、恋愛映画ってあんまり見ないんです。
なんかクサい台詞とかが聞いてて恥ずかしくなるから。
だからこの映画も見ようとしつつ後回しにしてきたんです。
でも、やっぱり名作になる映画ってのはジャンル問わずに素晴らしいですね。
なんか最近の安い恋愛映画と同じジャンルにしちゃいかんな、と思いました。良い。

25599view002.jpg

2時間二人のやってきたことは、最後のオードリーの表情の為にあるんだと思います。この数秒のオードリーのシーンがこの映画の全てだと思いました。
オードリーのセリフを一切省いて見せるこの微妙な表情。これを観ることで、二人の過ごした時間が走馬灯のように思い出されるんです。
切ない大人な恋愛映画です。
こーゆー恋愛映画ならもっと見たいな。
間違いなく名作。

25599view012.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『ティファニーで朝食を』を観た

ティファニーで朝食を dvd
あらすじ:ニューヨークの安アパートな暮らすホリーの日課は、一流宝石店ティファニーのショーウインドーを見ながら朝食を食べることだった。
ある日、彼女のアパートの隣室に作家志望のポールが越してきた。
ポールは不思議な魅力をもつホリーに惹かれていく…。





タコ的点数:40点




タコは基本的に恋愛映画って見ないんです。
でも、やっぱり有名な作品は見ておこうかなと思うわけですが…男の自分から見ればやっぱり退屈な恋愛映画でした。

15072view001.jpg

きらびやかなドレスに身を包んだ美しいオードリー。洒落たニューヨークの町並み。わがままな女に惹かれ本気で愛する純粋な青年。
どれもこれも、タイトルからしてそうなんですが、明らかに女性が好きそうな映画だな…という感じでした。

15072view003.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『市民ケーン』を観た

CitizenKane.jpg
あらすじ:新聞王ケーンが「薔薇のつぼみ」という謎の言葉を残してこの世をさった。
新聞記者トンプソンはこの謎の言葉を追って関係者に話をきくうちに、メディアでは語られなかったケーンの真実を知る…。





タコ的点数:65点




アメリカ人が「心に残る映画」として長年一位に君臨してきた、アメリカ映画史上最高の映画との声もある名作。
…らしいですが、まぁ普通のいい映画です。
「今からめっちゃ面白い話するで」と言われてから聞いた話ちょっと面白かったとしてもあまり笑えないように、「名作映画を見る」という気持ちがなければ普通にいい映画です。自分は過剰に期待して見てしまったんで見終わった直後少し残念でしたが…後から考えればいい映画だったなぁと思いました。
世間では価格が計り知れない豪邸を購入したりもう少しで大統領になれたり、金も地位も名誉も…全てを手に入れた男として取り上げられていたが、実際は1番欲しかったものを手に入れられなかった…そんな男の切ないお話です。

10183view001.jpg

見終わった後にこのケーンという男を自分勝手なやつだと思った人はこの映画は合わないだろうと思います。
この映画はケーンという男がどういう男なのかというのを理解することが全てなのであります。
愛されることなく育ってきた彼にとって、人を愛する方法がわからない。
彼なりの愛を周りは理解出来ずどんどん離れていく。悲しいことです。
最期には全てを失い死に際に「薔薇のつぼみ」という言葉を残してこの世をさる…。
…さて、この映画を見て最後にこの「薔薇のつぼみ」という言葉の意味を理解した人はどれだけいるんでしょう
自分も見終わった後あまり理解出来ず、いろいろと解説を読んでやっと理解しました。

10183view003.jpg

なんというか…この「薔薇のつぼみ」という言葉の意味に対するヒントを提示するシーンが少ない気がします。
そこが、「この映画はつまらない」だとか「ケーンは身勝手だ」とかいう意見に繋がる気がするんです。
そこをもう少ししっかり描いていれば、現代の人がこの映画を見ても評価は高いと思います。
そういう意味では非常にもったいないこの作品。
オススメはしたいんですが、見る人はもし見終わった後に理解出来なかったらそこで終わらずに調べてしっかりとこのケーンという男を理解してほしいです。

10183view005.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『椿三十郎』を観た

img_953969_19751641_0.jpg
あらすじ:薄暗い社殿で密議をこらしていた9人の若侍。上役を告発するも逆に窮地に陥っていた。それを図らずも聞いていた浪人は、権謀に疎い彼らに同情し一肌脱ぐことに……。

『椿三十郎』予告編はこちら




タコ的点数:70点




「自称・映画好き」と名乗っていながら、あんまり黒沢監督の映画って観たことない、エセ映画好き・タコです(笑)
いや、以前『七人の侍』を観たときにも思ったんですけど、当時の音声って非常に聴きづらいんですよね・・・。だから、どうしても、連続で黒沢作品を観るのって疲れちゃいそうで・・・。まぁ間隔あけながらこれからも観ていこうと思います。
さて、今回は一人の浪人が若くて危なっかしい侍9人が上役を告発するのに一肌脱ぐ、という『椿三十郎』です。もう、すでにいろんな人が黒沢映画について語っていますが、僕はうんちくをいろいろ語ることはせず、観たままの感想を言いたいと思います。
面白かったです。

E6A4BFEFBC93EFBC93.jpg

三船敏郎さん演じる椿三十郎が、非常に人間味とユーモアのあるキャラクターで好きですね。「やりたかねぇけど、乗っかった船だ。しかたねぇ、とことん最後まで付き合ってやるぜ」的なキャラクターで、なんとなくジョン・マクレーン刑事に似ているような気がしました。(もしかして、受け継がれているのか・・・!?)不器用だけどいい人。かっこいいっすねぇ。
全編通してコミカルな雰囲気で、上映時間も96分と短く、『七人の侍』のような派手さはないものの、肩の力を抜いて観れる映画でした。これは、娯楽作品ととらえていいんでしょうか?黒沢映画ファンの方々?

6981689.jpg

肩の力を抜いて気軽に観ていたんですが、最後の決闘のシーンは鳥肌が立ちました。それまでの軽い空気が嘘のように、ピンっと空気が張りつめて、思わず画面に顔を近づけてしまうくらい引き込まれてしまいました。
この決闘シーンを含めて、全て椿三十郎という人物を表していて、非常に深みのあるその人物像が観終わった後も記憶に残る、そんな作品です。

9696080.jpg


参考映画
七人の侍 [DVD]七人の侍 [DVD]
(2002/10/25)
三船敏郎、志村喬 他

商品詳細を見る





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『ナバロンの要塞』を観た

51gs8q0v2tl.jpg
あらすじ:ギリシャ・ナバロン島に据えつけられた2門の大砲を破壊するため、6人のメンバーからなる特殊部隊が結成された。イギリス駆逐艦がここを通過するまでに、大砲を破壊しなければならない。彼らは、ナバロン島南側の、400フィートもの絶壁に取りつくが……。





タコ的点数:65点




ザ・古典戦争活劇。古き良き時代の娯楽映画ですな。面白い。
古典映画って面白いんですが、僕は結構退屈なシーンが続いたりして見ている間に少しだれたりしちゃうんです。でも、この映画は飽きずに160分見れると思います。

1335284380.jpg

ストーリーは単純で難しく考えることもなく、サクッと見れる映画です。CG技術がない時代だからこその迫力あるシーンの数々。また、登場人物たちの男気あふれるキャラクターがさらに映画を面白くさせます。かっこいい!

1335284360.jpg

完全に娯楽映画なのであまり語ることもそれほどないんですが、とりあえずよかったです。定番の古典映画ですね。
もし、これを見て面白くなかったっていう人はほかのどんな古典映画を見ても面白くないでしょう。そんな感じ。

1335284372.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『第三の男』を観た

d0151584_2354373.jpg
あらすじ:第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハリーが死亡したことを知らされる。ハリーの死には三人の男が立ち会っていたと言うのだが、その三番目の男の正体を追って、マーチンは独自の調査を開始する。


『第三の男』予告編はこちら




タコ的点数:50点





さて、あの「ハリー・ライムのテーマ」でおなじみの名作と言われる映画のひとつです。さて、名作と言われるものを鑑賞するとなるとやっぱり肩に力が入って見てしまいます。期待しすぎてしまうんですね。それもあってか、個人的な印象としてはほんとに普通の映画だなぁと思いました。

13635view001.jpg

淀川長治が名作と称していますが、この人の言うとおり「映画の教科書」と言えるんでしょう。淡々と台詞が語られて無駄なシーンが全くなく休憩する暇もないのでそんなに長い映画ではないのに少し疲れました。人物描写もあんまりされてなくて登場人物が何を感じているのかもわからないのでなんかはいりこむことが出来なかったですね。しかも、結構シリアスな内容なのにそこに流れる陽気なテーマ曲がなんともミスマッチで気持ち悪かったです。

13635view002.jpg

ラストシーンが綺麗なのはわかりますが、なんかそれだけでこの映画全体の評価が上がっているような・・・脚本もいろいろ納得できないところはあるし・・・名作と言われる映画にこんなことを言うのは非常に恐れ多いのですが、まさに期待外れというにふさわしい映画でした。

13635view005.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

私は『エレファントマン』を観た

51nJfkRuTOL.jpg
あらすじ:19世紀末に実在した奇型の青年の数奇な運命と、彼をとりまく人々との交流を描いた感動のドラマ。
19世紀末、ロンドン。医師トリーブス(アンソニー・ホプキンス)は、街の見世物小屋で象人間と呼ばれていたジョン・メリック(ジョン・ハート)に出会う。研究のために彼を病院で生活させるが、やがてメリックの知性と純粋な心に触れ、人間らしい交流が生まれる。


「エレファントマン」予告編はこちら




タコ的点数:70点





「人間は理解できないものに恐怖する」
使い古されたような表現ですが、この映画にはそれを痛いほど伝える説得力があります。人は目で見えるものですべてを判断してしまいます。
なかなか姿を現さなかったエレファントマンの姿が不意に出てきたとき少し驚きました。悲しいかなこれが人間の当り前の反応なのでしょう。
奇怪な姿をしたエレファントマンをある人は恐怖しある人は面白がって見る。しかし、そんな彼はどんな人よりも純粋できれいな心を持っていたのです。
サーカスに売り飛ばした母親を憎まず「美しい人だ」と人に言い、美しい女性に優しい言葉をかけられるだけで涙を流す。もし、神がいるとしたらこの美しすぎる心とバランスをとるためにこんな姿を彼に与えたのかもしれない。・・・と、こんなありきたりな表現もしたくなります。

20100304031448462.jpg

「彼の人生を誰が想像できる?」というセリフがあります。誰にも出来ないでしょう。顔をさらす度に誰かが叫び、人が寄ってくる。そんな人生誰が想像できるだろうか。「僕は人間だ!」と叫ぶところでは少し泣きそうになりました。
人が会いに来るのも興味の目があるから。よくよく考えるとトリーブス先生も最初は研究のために興味を持っただけでした。彼の人生は他人から珍しいもの扱いされるだけで、最初から最後まで彼は見せ物にされていたのです。
そんな彼にとっての幸せは、僕らが考える劇場に足を運んだり高価なものを身につけるなんてものではなく、ただ普通の人と同じように暮らすことだったのかもしれません。普通の体制で眠ることだったのかもしれません。
実在した人物のお話ということで・・・こんな人が実際にいたんだなぁと。というより、人間て意外と冷淡なんだなぁという気持ちの方が強くなりました。それほど胸が痛くなる場面が多かったです。

18829171_w434_h_q80.jpg

と、ここまであたかも感動の名作であるかのように紹介しましたが・・・あの「イレイザーヘッド」を撮ったリンチです。この映画も、感動作品の皮をかぶせたただのフリークス映画のつもりだったんじゃないだろうか・・・という疑いを持っている自分もいます。
どちらにせよ、十分観る価値のある映画です。

参考映画
イレイザーヘッド 完全版 [DVD]イレイザーヘッド 完全版 [DVD]
(2000/04/24)
ジャック・ナンス

商品詳細を見る

「イレイザーヘッド」のレビューはこちら




私は『街の灯』を観た

a0145030_21155831.jpg
あらすじ:世の中は極端に不景気。小男で風彩もあがらず、服装もみすぼらしく、職もなく住むところもないチャーリーは、職にありつけそうもなく、毎日あちこちさすらい歩いてフーテン暮らしをしていた。そんな彼が一人の娘に恋をした。街角で花を売っている、盲目の貧しい娘だ。彼は彼女の目を治す為に、金を稼ごうと一大決心をするが……。





タコ的点数:85点




この作品を観るまで、チャップリンは今までに何度も見ようとしていて後回しにしていました。でも、最近特にみたいのがなくてやっとチャップリンにありつくことにしました。
・・・遅かったです。チャップリンに出会うまで遠回りしすぎてしまいました。なんてすごい人なんだ。現在までチャップリンが愛される理由の一部を知った気がします。

a6244650fd849998be815d3b36452306.jpg

チャップリンと言われて一番に思いつくのがこの作品でしょう。僕が持っていたチャップリンのイメージそのまま、いや、それ以上でした。チャップリンはやはりすごかったのです。
ただコミカルな動きで笑わせてるだけじゃない。表情の一つ一つが、動きの一つ一つが、歩く一歩一歩が計算しつくされています。なんと無駄のない演出なんでしょう。そして、主人公のキャラクターもいいです。世の中を茶化し、自分の中の尊厳を忘れない。人によってこのキャラクターに対するイメージは違うでしょうが、僕はそんな風に思いました。
表情豊かに人々が考え行動する。言葉はないが考えるままに動く人間の姿は真に人間らしい。チャップリンがトーキー映画に手を出さず、サイレントにこだわったのはそんなところがあったからなのかもしれません。

chaplinma2sss.gif

まだまだ、チャップリンは見なければいけないと思いました。こんなすごい人を知らずに大人になってたまるか。

chaplinma3sss.gif





プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。