スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移設

しばらく更新してなくてごめんなさい。

映画以外のことも書きたいと思って、

こっちにブログ移設しました

「tako(タコ)、もっと自由でいいと思うんだ」
http://blog.goo.ne.jp/takoguitar800


よろしくお願いします。

スポンサーサイト

2014年 ベスト10

大晦日です!
みなさま、今年にやり残したことはないですか?
僕は、今年は仕事の関係でなかなか映画を見る機会も少なく、ブログもサボり気味でした…。
来年の目標は…映画を100本見る!
に決まりました(笑)

はい、それでは2014年のタコ的ベスト10の紹介です。
毎年言ってるんですが、あくまでタコが2014年にみた映画の中から選んでいるので、公開時期とかはハッキリ言ってバラバラです。


第10位
アメリカン・パイ
20141231155228bba.jpg

わりと有名な映画なのになんで今まで観てなかったんだろう?って作品でした。
メチャメチャ笑いました。




第9位
海の上のピアニスト
20141231155602e74.jpg

これも人に勧められてやっと見た作品ですね。
とにかく劇中の音楽がツボでした。




第8位
アナと雪の女王
201412311600082a4.jpg

ん〜、ディズニー映画だとなめてかかって観に行ったら思いの外良かったです。
もう今年あちこちで聞いた「れりごー」はもちろんのこと、いい意味でディズニーらしくない脚本の締め方も良かったです。




第7位
グランド・ブタペスト・ホテル
20141231160403200.jpg

とにかく面白い映画です。面白い以外に言葉が思いつかないぐらいに独創的な世界観と脚本を備えた新感覚のエンタメ映画です。




第6位
エターナル・サンシャイン
20141231160739d97.jpg

今思い返してもすごく凝った作りをしている映画でありながら、すごくストレートなロマンチックさを持った作品だったと思います。




第5位
ロスト・イン・トランスレーション
201412311610557db.jpg

なんか今年は恋愛映画の当たり年だったような気がします。トウキョウという怪しげな街に現れた大人の恋。




第4位
リービング・ラスベガス
20141231161400e38.jpg

これもかなり心に残った恋愛映画です。こんなに深く誰かを愛せる自身はありません、ってぐらい重く深い愛のものがたりでした。




第3位
凶悪
20141231161748a4a.jpg

今年唯一トップ10入りした邦画です。こんなに挑発的な映画を邦画でどんどん撮って欲しいですよね!




第2位
告発
20141231162132199.jpg

これは泣きました。アルカトラズ刑務所の真実もさることながら、2人のおとこの熱い友情に涙!




第1位
ショート・ターム
201412311506069dd.jpg


最後の最後に出会ったこの作品。ちょっと鬱になっていたときに観たこともあってか、本当に心からみて良かったと思える作品でした。










以上、2014年の映画ベスト10でした。
来年はホントにもっとたくさん観たいです。

それではみなさん、よいお年を。



私は「ショート・ターム」を観た

201412311506069dd.jpg
あらすじ:問題を抱える子供のためのグループホーム「ショートターム12」で働くグレイス(ブリー・ラーソン)。グレイスは、新入りのジェイデン(ケイトリン・デヴァー)という少女を担当することになる。グレイスは施設の同僚メイソン(ジョン・ギャラガー・Jr)と付き合っていたが、ある日、妊娠していることが判明する。そんな中、グレイスはジェイデンが父親に虐待されていたことに気付き……。




タコ的点数:100点




なんでしょうか…。僕はホントにこういう映画を見たかったんだ!って心から思える映画でした。
この後すぐ書きますが(笑)、間違いなく2014年NO.1の作品となりました。

20141231150607f4f.jpg

物語の舞台は、家庭に問題のある少年少女が集められた短期保護施設。それぞれが抱えた苦悩や闇が施設内を充満している中、そんな施設で、少年少女たちの世話をする1人の女性が主人公です。
物語の舞台からして、いかにもお涙頂戴の作品かと思いがちかも知れませんが、映画自体はすごくライトです。重すぎず絶妙の空気感で観ていても全然疲れません。また、100分弱という短い時間の中で、それぞれの少年少女たちのキャラクターを丁寧に描いていて、物語の深みもあります。
なにより、主人公の女性、グレイスのこどもたちへの歩み寄り方がホントに素敵なんですよね。優しい言葉をかけるのではなく、自分の弱みを見せて距離を近づけようとする姿はまさに彼女だからこそできるんですよね(この部分については、けっこうネタバレになってしまうので深くは書けませんが)。そしてまた、そのグレイスの恋人であるメイソンが超絶カッコ良いんですよね(笑)事あるごとにグレイスにかけてあげる言葉や行動のひとつひとつが、決して気取っておらず心からグレイスのことを想っているものなんだというのが、男のぼくにも伝わりました。いや〜こんな彼氏にならんといかんですな(笑)

2014123115060838c.jpg

深い悲しみはいつかは晴れる。そばにいる人は悲しみを取り払ってあげようとするのではなく、その悲しみが晴れるのをそばで待ってあげる。一人では辛い悲しみも誰かと共有すればいくらかマシになる。人がひとを救うのは、愛なんて言葉とは違う"共有"することが大切なんだな、と。
ちょうど僕も悲しみにくれていたころにこの映画に出会ったので、非常に助けられました。
生き方をすこし変えてみたくなる一作です。

2014123115061075d.jpg

私は「わたしを離さないで」を観た

20141231144135ee9.jpg
あらすじ:外界から隔絶された寄宿学校ヘールシャムで、幼いころから共に日々を過ごしてきたキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)。普通の人とは違う“特別な存在”として生を受けたキャシーたちは、18歳のときにヘールシャムを出て、農場のコテージで共同生活を始める。


タコ的点数:70点





なんかよく目にした作品だったんですよね。ほとん前知識無しの状態で観てたんですが、それが非常に良かったと思いました。
たぶん、事前に調べて観ちゃってたら面白さは半減しただろうな、と思います。

20141231143905c35.jpg


物語の始まりは、何やら厳格な雰囲気が漂う学校の中。そして、物語が進むにつれ、徐々に違和感が出てくるんです。そして、不穏な空気を漂わせながら違和感の正体はいともあっさり明かされて、そこから、学校にいる子供達の辛く悲しい運命を追っていくわけです。

物語のテーマとしては、非常によく似たアクション映画があるのですが、そっちとはくらべものにならないぐらい重い作品です。ちょっとだけネタバレするとこの映画っていわゆるSFなんですけど、SF的な説得力は大いにある作品です。
原作ふぁんの方からはまぁまぁ酷評されているのですが(笑)、まぁ原作を知らずに観ればなかなか楽しめると思います。

20141231143905256.jpg

……にしても、キャリー・マリガン可愛すぎる……

201412311441364c8.jpg





私は『KOTOKO』を観た

kotoko_flyer.jpeg
あらすじ:まだ少し大きい文字乳児である息子を女手ひとつで育て、愛し抜かなければいけないという強迫観念にとらわれ、精神的な変調を抱えるようになってしまった琴子(Cocco)。その果てに奇行を繰り返した彼女は幼児虐待を疑われてしまい、沖縄にいる姉に息子を預けられることになる。そんなある日、彼女のもとに小説家の田中(塚本晋也)が現われる。沖縄行きのバスで乗り合わせ、車中で口ずさむ姿や声に惹(ひ)かれたと語る田中を激しく避ける琴子。それでも思いを伝え続ける彼を受け入れ、息子と共に3人で生きようと決意するが……。




タコ的点数:70点




『鉄男』で僕のこころをがっしりとつかんでしまった塚本晋也監督の作品です。幼い子供を放ったらかしにして、そのまま殺してしまう、なんていう痛ましい事件が多い昨今ですが、そんなギリギリの状態に追い込まれた母親の姿を歌手のCoccoさんが熱演しています。


date_20120615111331_640x520_4FDA9A31BA04.jpg


この映画の真意はきっとそんな社会的な問題提起をすることではないとは思いますが、それでもやっぱり昨今の事件が頭にチラついて観てしまいます。
もちろん、この琴子のような人が身近にいたら、誰でも距離を置くだろうし、関わろうともしないでしょうね。でも、塚本監督はこんな精神的に参ってしまっている母親を、すごく暖かく描くんですよね。

date_20120615111106_640x520_4FDA98A63B29.jpg


すごくバイオレンスな内容にも関わらず、すごく暖かさと優しさに満ちた作品です。
ん〜、唯一無二な作品だと思います。

ダウンロード






私は『マチェーテ・キルズ』を観た

machete.jpg
あらすじ:アメリカ大統領(カルロス・エステベス)から、メキシコの極悪人マッドマン(デミアン・ビチル)を倒すよう依頼された元捜査官マチェーテ(ダニー・トレホ)。しかし、マッドマンは多重人格者である上に、停止すると同時にワシントンをターゲットにしたミサイルが発射されるという恐ろしい連動機能を備えた心臓の持ち主であった。それを解除できるのは、世界一の武器商人として悪名をとどろかせているヴォズ(メル・ギブソン)のみ。だが、彼も宇宙からの地球総攻撃というとんでもない計画を進めていた。




タコ的点数:75点




もう、アホ映画の極みですね(笑)
前作以上にぶっ飛んでて、何も考えずに笑えるこの作品。好みはハッキリと分かれるでしょうが、ストーリーとかそういうのにこだわる人や、頭の固い人には一切オススメできない作品です(笑)

347210view002.jpg

もう、ストーリー自体に脈絡がないわ、「後から考えて付け足しただろ!」と思うようなストーリーが展開されるわ、誰にも共感できないうえに、なんでこんなことになってんの!?っていつの間にかお話がすごい展開になってたりと・・・たぶん、観た人の8割以上が観終わって10分経てばほぼストーリーを忘れちゃうだろうなって感じの映画です。
とにかく、観ているその一瞬一瞬が面白い!ほとんど印象に残らないのに、これだけ満足できる映画も珍しいですね(笑)

347210view004.jpg

ちょっとネタバレになるかもしれないんですけど、これ何やら続編がありそうな雰囲気で映画が終わるんですよ。ただ、絶対続編作って欲しくないですね(笑)この終わり方で続編を作らないのが、この映画を究極のアホ映画として完成させる重要なファクターになってるはずなんですよ・・・絶対続編は作らないでください!!(笑)

347210view007.jpg





私は『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』を観た

KICK-ASS2_02.jpg
あらすじ:キック・アスことデイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)と、ヒット・ガールのミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)は普通の日々を送っていた。ところがそんなある日、デイヴは元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)とスーパーヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成。そこへ、レッド・ミスト(クリストファー・ミンツ=プラッセ)が父親を殺害された恨みを晴らそうと、刺客と共に乗り込んできて……。




タコ的点数:50点




なんといいますか・・・続編らしい続編でしたねぇ・・・(笑)
一作目は「冴えない青年がヒーローのコスプレで活躍する」ってところに面白みがあったんですが、今作は、主人公の青年が修行に修行を重ねて妙に強くなっちゃいます(笑)そうなると、一作目の面白みは全くないですよね。続編でありながら作品の色はがらりと変わって、本当にただのバトルムービーになっちゃったような気がします。

346695view008.jpg

ジム・キャリーも怪しすぎて、最後の最後までいい人なのか悪い人なのか良くわからず、キャラ設定も全体的にあんまりよくなかった気がしますね・・・。
まぁ、次回作があってもたぶん観ないと思います(笑)

346695view001.jpg

346695view005.jpg


私は『フライト・ゲーム』を観た

img_022.jpg
あらすじ:ニューヨークより146人の乗客乗員が搭乗した、ロンドンへと向かう旅客機。その警備を任されている連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)のもとに、1億5,000万ドルを指定口座に入金しなければ20分おきに機内の人間を1人ずつ殺害するという異様な犯行予告メールが届く。限定されたネットワークからメールが送信されたことから同僚が犯人ではないかと思いつつ、犯人の特定に奔走するビル。そしてメールの内容通りに、機内で1人ずつ人が命を落とす。やがて、地上から犯人が指定した口座はビルのものであることが判明する。




タコ的点数:70点




原題が「NON-STOP」だそうです(う~ん、センスの無い邦題!!(笑))。その原題の通り、次々と展開が変わり、まさに息つく暇を与えないノンストップな107分。いやぁ~こういうベタなサスペンスアクションって、昔よく木曜洋画劇場とか金曜ロードショーとかで観た覚えがありますね~。テレビでそういうの観るのが好きな人なら間違いなく楽しめる映画です。

348415_003.jpg

もちろん、物語自体は突っ込みどころ満載で、粗探ししようと思えばいくらでもできる内容だとは思うんですけど、そんなのは問題じゃないです。次々に主人公が窮地に立たされて、そのたびに切り抜ける!ムービーヒーローの典型ですよね。これ、結構前に劇場に観に行ったんですが、こういう映画はでっかい画面で観たほうがやっぱ面白いですね。

images_20141118213355106.jpg

そういえば、リーアム・ニーソンさんって最近こういうアクションサスペンス的な映画によく出てる気がしますね。『アンノウン』とか『96時間』とか・・・あまり食指が動かなかったんですけど、こういうリーアム・ニーソンもカッコいいな、ってことでいろいろ観てみようと思います(笑)

1011932_02.jpg





私は『リトル・ミス・サンシャイン』を観た

ダウンロード (1)
あらすじ:小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フランク(スティーヴ・カレル)らと車で決勝大会の会場を目指す。




タコ的点数:60点




巷では結構評判のいい作品で、また周りでも結構「面白い!」という声も聞いていたので結構期待して観始めたのですが・・・個人的にハッキリ言って非常に映画らしい佳作、だと思いました。個人的にはもうひとひねりふたひねりさんひねり欲しかったなぁ~というのが正直な感想。う~ん、少し消化不良でした。

fdd49784.jpg

物語は、それぞれ何かしら抱えて一切まとまりのない家族が、小さな娘をミスコンに出すために黄色いぼろぼろのバンに乗って会場に向かう、というお話。いわゆる、僕の好きなロードムービーなんですけど、イマイチでした。周りの評判が良かったことでかなり期待しすぎてしまったのがダメだったんでしょうね・・・(笑)

images (1)

非常に残念だったのが、家族がそれぞれ結構インパクトのある面白そうな問題や悩みを抱えているにも関わらず、それぞれの問題について焦点がしっかりと当たってなかったのが個人的には不満だったんですよね。それを全てラストシーンで「爽快!!」って感じで終わらせちゃった雰囲気がなんかダメでした。例えるなら、「新鮮で美味しい野菜やお肉をたくさん使って野菜スープを作った。せっかく、素材の味がにじみ出ておいしそうになってきたのに、最後に味の素入れて素材の味を全部殺しちゃった」みたいな感じ・・・ちょっと違うか・・・(笑)


img_0.jpg




私は『シャッターアイランド』を観た(ネタバレあり)

518XBWgyBiL.jpg
あらすじ:精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。




タコ的点数:70点




ずっと気にはなってた作品だったのですが、今回満を持して鑑賞いたしました。
あれなんですよね・・・「どんでん返し 映画」で検索するとだいたいしばしばヒットすることの多いこの作品。まあ、この手の作品をよく見てる人なら、ある程度まで行くと全部がわからなくても「あぁ、だいたいこういう感じで終わるのかな?」って予想はつくとは思います。

シャッターアイランド-レオナルド・ディカプリオ-8

でもまぁ、作品自体の雰囲気とか空気感はすごく好きなんですよね。物語の舞台が精神病院ということもあり、僕好みの(!?)狂ったキャラクターの方々も多くて・・・なにより、ディカプリオの狂気の演技はかなり良かったですねぇ。『タイタニック』の時はただのさわやかイケメンだったのが、ここまで俳優さんとして大成されるとは思わなかったです。『ジャンゴ』の時もそうでしたけど、ディカプリオさんのこういうちょっとキレた演技は、魅かれるものがありますね。今では好きな俳優さんの一人になってます。

img_0 (1)





↓以下ネタバレ




さて、物語のオチとしては、「ディカプリオ(テディと呼べばいいのかどうかもわからないので、とりあえず俳優名で(笑))も病院の患者であって、自ら妄想に気づかせるために周りの人たちが一芝居うって付き合っていた」ってことだったんですね。実際のところ、病院では人体実験など行われていなくて(とは言っても、ロボトミー手術は行われていたのですけど・・・(笑))、健全(!?)な病院だったわけです。あの怪しかった院長もディカプリオを助けるために真摯に向き合っていたわけですよね。
で、結局、ディカプリオは精神病が治る見込みは無いと判断されロボトミー手術を受けるわけですが・・・あのラストって皆さんどう感じたんでしょうか?
二通りの考え方があると思います。
①額面通り受け取ってディカプリオは最後まで妄想に囚われたまま
②ディカプリオは、今回の治療で正気に戻ったが、そのことでまた妄想に囚われることを恐れ自らロボトミー手術を受ける決意をした。
僕は②だと思ってます。というのもやっぱり気になるのがラストのディカプリオのセリフ・・・。
「ここにいるとよく考える。モンスターのまま生きるか、善人として自ら死を選ぶか」
このセリフやっぱ気になりますよね。ディカプリオはラストの時点では正気に戻っていたのですが、また妄想に囚われるのを恐れて、担当医にも嘘をついて、自ら死を選んだ・・・ってラストだと、僕は上記のセリフから思うんですよね。
さて、みなさんはどう思ったのでしょうか?

追記:ちなみに一緒に観ていた母は「病院で人体実験は実際に行われていて、ディカプリオは騙されて結局人体実験の被験者にされた」と解釈していました。理由は実際にディカプリオが患者であるということと病院で人体実験など行われていないという事実は院長側からの口から説明されていただけだから、だそうです(ということは、洞窟にいた女精神科医も存在している、という解釈になる)。
少し、それは深読みしすぎなのではとも思うのですが、確かにそんな解釈も面白いなぁと、かつ強く否定もできないなと思いました。う~ん、いつか気になってもう一度この作品、観るのでしょうか?


A5B7A5E3A5C3A5BFA1BCA5A2A5A4A5E9A5F3A5C92CPARAMOU.jpg
プロフィール

タコ

Author:タコ
映画が大好きな一人の男。映画に関して思いついたことを書くだけの緩いスタンスでやっていきます。
文章力に自信はないので、非常につたない文章になっているかとは思いますが、読んでいただいて映画選びの参考にしていただけたら光栄です。

※コメント無しで、TBのみ送ってくる場合は承認しないようにしています。
また、内容が酷いと思われるコメントも独断で削除させていただきます。悪しからず。



~映画レビュー採点基準~
100点…必見!!ですが、作品によってはトラウマになったりする可能性あり。
81~99点…必見!!
61~80点…観る価値あり!!自信を持ってオススメ。
41~60点…まぁまぁ良作。暇なときに観ればいいのでは?
21~40点…別に観なくてもいいかと・・・。
0~20点…ダメすぎて話のネタになることもあり得る映画。




YouTubeで趣味で作曲もしてます。「Modernmonkey100」で検索して遊びにきてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数(2/17~)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。